Wake Up, Girls! Beyond the Bottom
440ポイント~

Wake Up, Girls! Beyond the Bottom

真摯であること、正直であること、一生懸命であること。

2015年 53分

作品詳細

『Wake Up, Girls!』2度目の銀幕でのステージ、いよいよ後篇の幕が上がる。2014年1月にTVアニメシリーズと劇場版アニメ『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』を同時公開して大きな話題となり、2015年9月には劇場版新作前篇『Wake Up, Girls! 青春の影』を公開。紡いできた物語は、後篇『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』でひとつのクライマックスを迎える。東京という大きな壁にぶつかった少女たちは、もう一度はじまりの街・仙台から走り出す。続・劇場版、完結篇。

東北代表として出場した「アイドルの祭典」での活躍が認められ、アイドル文化の中心地・東京に進出した「Wake Up, Girls!」。メジャーレコード会社bvexとの契約も決まり、活動は順風満帆に思えた。だがブレイクの立役者だったプロデューサー・早坂相が手を引き、7人が動きの早い東京の芸能界の中で「WUGらしさは何か」を見失った結果、苦い挫折を経験する。レコード会社や関係者たちが手のひらを返す中、それでもあきらめずに前に進もうとする「Wake Up, Girls!」の姿を見た早坂は、彼女たちが再び挑戦するための武器として、新曲「少女交響曲」を与えるのだった。「Wake Up, Girls!」は、心機一転して地元仙台から活動を再開。日常ライブの復活や全国行脚を通しての地道な努力は、少しずつだが、着実に全国のファンへと届き始める。一方、アイドル界の頂点である「I-1club」では、最新シングルの売上ミリオン割れを契機としたセンター争いが勃発。「I-1club」プロデューサー・白木の非情な采配は、意外な形で「Wake Up, Girls!」とアイドルたちを大きなうねりへと巻き込んでいく。敗れて尚あきらめられないもの。アイドルとは何か。その答を求めて、物語は再び「アイドルの祭典」へと収束する。

スタッフ

[監督][原案]山本寛[アニメーション制作]Ordet/ミルパンセ[原作]Green Leaves[シリーズ構成]待田堂子[脚本]待田堂子[キャラクターデザイン][総作画監督]近岡直[音楽]神前暁/MONACA[音楽制作]DIVE II entertainment

(C) Green Leaves / Wake Up, Girls!2製作委員会

シリーズ作品

  • Wake Up, Girls! 青春の影
  • Wake Up,Girls! 七人のアイドル

関連作品

  • 池袋ウエストゲートパーク
  • 安達としまむら
  • KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン-
  • 映像研には手を出すな!
  • 食戟のソーマ 豪ノ皿
  • 波よ聞いてくれ
  • 推しが武道館いってくれたら死ぬ
  • ランウェイで笑って
  • 劇場版KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-
  • ハイスコアガールII
  • パンドラとアクビ 荒野の銃撃戦
  • パンドラとアクビ 精霊と怪獣の街