ネジと紙幣
330ポイント~

ネジと紙幣

なぜに…男は女を殺さなければならなかったのか?

2010年 137分

作品詳細

江戸の街を震撼させた不可解な殺人事件を元に、文豪・近松門左衛門が描いた作品として知られる「女殺油地獄」をベースに描くサスペンス。作・演出には新進気鋭劇作家・倉持裕を起用。ストレイトプレイ初出演の森山未來が熱演。

常に何かにイラつき、家業も手伝わずに遊んでばかりいる行人。家族にも愛想を尽かされているが、幼馴染で姉の様な存在の桃子だけは行人を見捨てること面倒が起きる度に叱ったりなだめたりしてくれる。桃子は傍目には幸せな主婦そのものだが、実は夫と子供との関係に悩み、何か満たされない気持ちを抱えて日々を過ごしていた。

スタッフ

[演出]倉持裕[カメラマン]江川誠志

(C) 2010 HORIPRO.INC.

関連作品

  • 舞台「魔法使いの嫁 老いた竜と猫の国」
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"東京の陣"
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 “飛翔”
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"はじまりの巨人"
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"最強の場所(チーム)"
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“勝者と敗者”
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"進化の夏"
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“頂の景色”(再演)
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“烏野、復活!”
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」(初演)
  • 舞台「ごきげんさマイポレンド」
  • 遠い夏のゴッホ