淵に立つ
440ポイント~

淵に立つ

あの男が現れるまで、私たちは家族だった

2016年 119分

予告編

作品詳細

『歓待』『ほとりの朔子』などで世界的注目を集める深田晃司監督が浅野忠信、筒井真理子、古?寛治の主演でメガホンをとり、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した人間ドラマ。大胆にして緻密なストーリーテリングで観客一人ひとりの想像力と価値観を揺さぶり、観る人すべてをタイトル通りの境地へと誘う。

郊外で小さな金属加工工場を営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の旧い知人である前科者の男が現われる。奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせにより、男の消息がつかめそうになる。しかし、そのことによって夫婦は再び己の心の闇と対峙し、互いの奥底に抱えてきた秘密があぶり出されていく。

スタッフ

[監督]深田晃司[エグゼクティブプロデューサー]福嶋更一郎/大山義人[プロデューサー]新村裕/澤田正道[ラインプロデューサー]南陽[制作プロデューサー]戸山剛[脚本]深田晃司

関連キーワード

深田晃司

(C)2016映画『淵に立つ』製作委員会/COMME DES CINEMAS

関連作品

  • 海を駆ける
  • さようなら