海と毒薬
330ポイント~

海と毒薬

遠藤周作×熊井啓、ベルリン映画祭銀熊賞(審査員特別賞)、ブルーリボン賞監督賞、キネ旬ベストテン第1位の傑作が新規美麗HDマスターで登場!

1985年 123分

予告編

作品詳細

『沈黙-サイレンス-』の遠藤周作の同名小説を社会派の巨匠・熊井啓が映画化した傑作!太平洋戦争末期に行われた日本軍の米兵捕虜生体解剖実験をモチーフに記された遠藤周作の衝撃の名作を社会派の巨匠・熊井啓が映画化し、国内外で高く評価され数々の賞を受賞した。本物の血を使って撮影されたというリアルな手術シーンを敢えてモノクロームで見せることで、緊張感ある重厚な映像表現となった。熊井啓監督が映画化を企画したのが1969年、内容の難しさから実現に時間がかかり17年目にようやく結実した。

太平洋戦争末期。敗色も濃厚となった昭和20年5月。九州のF市にも毎晩のように米軍機による空襲が繰り返されていた。大病院で研究中の医学生、勝呂と戸田の2人は物資も薬品も揃わぬ状況下だが、自身の研究と患者の治療に追われ忙しい日々を送っていた。2人の指導教官である教授たちは次期院長の座をを巡って水面下で派閥争いを繰り広げている。そんなある日、2人は教授から米軍捕虜の生体実験に参加するよう申し付けられる…。

スタッフ

[製作]滝島恵一郎[監督][脚本]熊井啓[撮影]栃沢正夫[音楽]松村禎三[美術]木村威夫

(C)滝島恵一郎

関連作品

  • 洗骨
  • 怒り
  • 許されざる者(2013)
  • 麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇
  • 映像研には手を出すな!
  • 泣く子はいねぇが
  • Good Night
  • 踊ってミタ
  • ビューティフルドリーマー
  • アルプススタンドのはしの方
  • のぼる小寺さん
  • 悲しき天使