この世界の片隅に
440ポイント~

この世界の片隅に

昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

2016年 126分

予告編

作品詳細

日本中の想いが結集して生まれた、100年先に伝えたい珠玉のアニメ映画。監督を務めるのは、『マイマイ新子と千年の魔法』で注目された片渕須直。6年もの歳月をかけ、こうの史代の原作の世界観を丁寧に映像化した。全世代に静かで確かな勇気を与える感動作。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していくなかで、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、幾度もの空襲に襲われる。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20年の夏がやってきた。

スタッフ

[監督][脚本]片渕須直[アニメーション制作]MAPPA[原作]こうの史代[キャラクターデザイン]松原秀典[音楽]コトリンゴ[主題歌]コトリンゴ『悲しくてやりきれない』

(C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

関連作品

  • 海月姫
  • ホットロード
  • 空の青さを知る人よ
  • 天気の子
  • フラグタイム
  • HELLO WORLD
  • 薄暮
  • 海獣の子供
  • 二ノ国
  • きみと、波にのれたら
  • 未来のミライ
  • 劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」