無料あり
七つの大罪
七つの大罪
0ポイント~

七つの大罪

それは、罪なのか―

2014年 24話

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 七つの大罪

    絶大なる魔力を有し、人々から敬われ、時に恐れられる存在<聖騎士>に守られた『リオネス王国』。王国の王女エリザベスは、たった一人国を離れ、ある者たちを探す旅に出ていた。 それは最強最悪の騎士団として恐れられ、国を裏切り、全聖騎士を敵に回した罪人たち―<七つの大罪>。たどり着いた一軒の酒場で、エリザベスは店主を名乗る少年・メリオダスに出会う。それは、彼女と<七つの大罪>たち、そして世界の命運を一変させるとびきりの冒険の始まりであった―!

  • 第2話 聖騎士の剣

    <七つの大罪>の情報収集と<豚の帽子>亭でふるまうお酒を仕入れるためにエールで有名なバーニャの村に訪れたメリオダスたち。しかし、バーニャエールの材料である名水は、訪れた聖騎士の魔力によって水源を封じられ、枯れてしまっていた。途方に暮れるバーニャ村の人々。そこに、<七つの大罪>の友人だと語る村の少年が現れ!?

  • 第3話 眠れる森の罪

    メリオダスたちが新たな<七つの大罪>を探して訪れたのは、聖騎士も恐れて近寄らないという白夢の森だった。深い霧に包まれた森で、悪戯子鬼のハイドアンドシークの妨害を受けながらも、彼らに匿われた巨人族の少女のもとに辿り着く。その少女こそが<七つの大罪>が一人、嫉妬の罪、サーペント・シンのディアンヌであった!

  • 第4話 少女の夢

    聖騎士・ギルサンダーから残りの<七つの大罪>の情報を聞き出すべく、彼の剣をわざと受けたメリオダス。強欲の罪、フォックス・シンと怠惰の罪、グリズリー・シンの居場所を聞き出したが、その傷は深く、強欲の罪・バンが捕えられているというバステ監獄に向かう途中で倒れてしまう。さらにバステ監獄には、バンを捕えた4人の聖騎士<不気味な牙(ウィアード・ファング)>が待ち構えていて!?

  • 第5話 たとえあなたが死んでも

    バスて監獄近くのダルマリーの町で傷を癒していたメリオダスは、<ウィアード・ファング>ゴルギウスの策略で、町の医師・ダナによって毒を飲まされてしまうが、刃折れの剣が奪われそうになった瞬間、謎の力でこれを跳ね返し、窮地を脱する。しかし、安心したのもつかの間、<ウィアード・ファング>は新たな攻撃を仕掛けてくる!

  • 第6話 はじまりの詩

    <ウィアード・ファング>ルインの幻術によって、お互いを敵だと思い攻撃し合うメリオダスとディアンヌ。しかし、エリザベスの強い意志と活躍により、幻術を解くことに成功する。 その頃、バステ監獄では牢を出たバンが自身を捕えた<ウィアード・ファング>ジュドと対峙していた。

  • 第7話 感動の再会

    バンと合流したメリオダスたち。死んだとされている怠惰の罪、グリズリー・シンのキングの手がかりを求め、死者の都を目指す。近くの町で情報収集のため<豚の帽子>亭を営業する一行だが、バンはサボって単独行動。そんなバンを付け狙う人物が…!?

  • 第8話 恐るべき追跡者

    メリオダスたちの前に姿を見せたキング。しかし彼はバンに強い恨みを抱き、復讐を果たそうとしていた。何かを追いかけて死者の都を進むバンの前に立ちはだかるキング。 さらに、メリオダスたちの前には彼らを追う聖騎士・ギーラが現れ…!?

  • 第9話 暗黒の脈動

    ギーラに追い詰められたメリオダスたちを救ったのは、エレインの説得を受けたキングだった。神器・シャスティフォルを使い、圧倒的な強さを見せつける。一方、二人の聖騎士長ドレファスとヘンドリクセンが実権を握る王都では、一部の聖騎士たちによる不穏な動きが始まっていた。

  • 第10話 バイゼル喧嘩祭り

    ディアンヌの神器・ギデオンがバイゼルの町の喧嘩祭りの優勝賞品になっていることを知り、参加することにしたメリオダス、バン、キング。なんとそこには聖騎士・ハウザー、グリアモールも参加していた。さらに圧倒的な強さを見せる少女・マトローナがマントを脱ぐと<豚の帽子>亭の制服を着ていて!?

  • 第11話 積年の想い

    バイゼル喧嘩祭り1回戦最終試合、メリオダスとバンの試合が始まる。メリオダスの拳を受け、彼との出会いを思い出すバン。強奪<スナッチ>の能力を駆使し、メリオダスを追い詰めるが…!?一方、バイゼルの町ではベロニカとグリアモールがエリザベスを探し回っていた。

  • 第12話 戦慄のカノン

    メリオダスVSディアンヌの喧嘩祭り決勝戦。嫉妬で怒ったディアンヌとメリオダスの真剣勝負が開始したかに思われたが、なんとジェリコ、ギーラたち聖騎士団の襲撃を受け、喧嘩祭り会場はパニックに。聖騎士たちの目的は―!?

  • 第13話 破壊の使徒

    ヘンドリクセンがベロニカに渡した女神の琥珀に封印されたメリオダスだったが、エリザベスたちの危機に封印を破って現れる。圧倒的な力を見せつけるメリオダス。しかし、その様子は普段の彼ではなく、敵はおろか味方にまで攻撃を始め!?

  • 第14話 本を読む人

    聖騎士たちを退けたメリオダスたちは残る<七つの大罪>を探して新たな旅を始めていた。一方、聖騎士ヘルブラムはオーダンの森に現れた鎧巨人を狙って、殺戮集団<暁闇の咆哮(ドーン・ロアー)>を差し向ける。その鎧巨人の鎧は色欲の罪、ゴート・シンのゴウセルのものであった。

  • 第15話 アンホーリィ・ナイト

    <ドーン・ロアー>の攻撃が鎧巨人を捉えたその時、変装を解いたゴート・シン、ゴウセルが現れる。久しぶりの再会を喜ぶのもつかの間、ゴウセルは意外な行動に出て!?その頃、<豚の帽子>亭にはケインが訪れ、エリザベスはメリオダスの過去とリズの存在を知る。

  • 第16話 駆り立てられる伝説たち

    エリザベスの言葉で戦う決意をしたメリオダス。ゴウセルが仲間に加わり、10年前の事件でメリオダスの意識を奪った人物が明らかになる。王都ではドレファスがヘンドリクセンを警戒する中、ヘンドリクセンたちが魔神復活のための儀式を始め―。

  • 第17話 最初の犠牲

    連れ去られたエリザベスを追いかけリオネス王都に突撃するメリオダス、バン、ゴウセル。迎え撃つ聖騎士たち。時を同じくして、リオネス王国に大量の兵を率いて、キャメロットの王・アーサーが現れる。ヘンドリクセンと対峙するが―!?

  • 第18話 この命にかえても

    聖騎士たちの攻撃の中、ギーラの弟・ジールをかばい瀕死のディアンヌ。さらなる攻撃を仕掛けようとするヘルブラムたちに、ハウザーとギーラが反旗を翻し立ち向かうが、ドレファス、ギルサンダーの圧倒的な魔力の前に苦戦を強いられる。そこにゴート・シン、ゴウセルが駆けつける!!

  • 第19話 まちぼうけの妖精王

    ディアンヌを守るため、ヘルブラムと戦うキング。思い出される700年前の記憶―妖精王であったキングとディアンヌとの意外な出会い、そしてキングとヘルブラムに起こった悲しい事件。親友であった二人が交わした約束とは!?

  • 第20話 勇気のまじない

    キングとヘルブラムの戦いが終結を迎えた頃、メリオダスは刃を交えるアーサーとヘンドリクセンの前に辿り着く。エリザベスを取り戻すべく、ヘンドリクセンと対峙するメリオダス。そこにビビアンの魔術によって送りこまれたギルサンダーが現れ、メリオダス・アーサー対ギルサンダー・ヘンドリクセンの壮絶なバトルが始まる。

  • 第21話 今、そこにせまる脅威

    暴食の罪、ボア・シンのマーリンの登場により、ビビアンの野望は打ち砕かれ、メリオダスはエリザベスとの再会を果たす、一方、エレインを生き返らせるため、王国の地下神殿にある<ケルヌンノスの角笛>で女神族と交信するバン。望みを叶える代償として女神が提示した条件は“ある人物を殺す”ことだった。

  • 第22話 君のためにできること

    魔神の力で復活したヘンドリクセンの手に落ちたエリザベス。追いかけるメリオダスの前に、バンが立ちはだかる。バンはエレインのためにメリオダスを殺さなければならないという。一方、ディアンヌたちは、魔神化し暴走させられた新世代たちに苦戦を強いられている。そんな中、ヘンドリクセンの前に現れたのは消えたドレファスであった。

  • 第23話 絶望降臨

    ヘンドリクセンを追う<七つの大罪>はかつて妖精王の森を襲いバンに倒された<赤き魔神>の屍体を目にする。この魔神の力を手に入れたヘンドリクセンをバンが一蹴。しかしさらに地下深く、もう一体の魔神の屍体が。その血を体内に取り込んだヘンドリクセンは強大な魔力を手に入れ、メリオダスたちの前に立ちはだかる。

  • 第24話 (最終話) 英雄たち

    ヘンドリクセンの圧倒的な力の前に<七つの大罪>さえも敗北するかに見えたその時、エリザベスの力が開花する。その力によって回復したメリオダスたちは戦意を喪失した聖騎士たちを鼓舞し、ヘンドリクセンに対峙する。<七つの大罪>と魔神・ヘンドリクセンとの戦いが遂に決着!!

作品詳細

罪(シン)の王道ファンタジー、堂々開幕!!

いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。絶大なる魔力を有し、人々から敬われ、時に恐れられる存在<聖騎士>に守られた『リオネス王国』。王国の王女エリザベスは、たった一人国を離れ、ある者たちを探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団として恐れられ、国を裏切り、全聖騎士を敵に回した罪人たち―<七つの大罪>。たどり着いた一軒の酒場で、エリザベスは店主を名乗る少年・メリオダスに出会う。それは、彼女と<七つの大罪>たち、そして世界の命運を一変させるとびきりの冒険の始まりであった―!

スタッフ

[原作]鈴木央[監督]岡村天斎[シリーズ構成]菅正太郎[脚本]菅正太郎/花田十輝/綾奈ゆにこ[キャラクターデザイン]佐々木啓悟[サブキャラクターデザイン]小松麻美[総作画監督]佐々木啓悟/小松麻美[アクション設計]諸貫哲朗[プロップデザイン]宮川治雄[色彩設計]茂木孝浩[美術監督]伊東広道[美術設定]金平和茂[撮影監督]木村俊也[CG監督]軽部優[編集]後藤正浩[音楽]澤野弘之/和田貴史[音響監督]若林和弘[制作]A-1 Pictures[製作]「七つの大罪」製作委員会
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会・MBS