やっぱり契約破棄していいですか!?
440ポイント~

やっぱり契約破棄していいですか!?

“死にたい小説家”と“クビ寸前の殺し屋”による<人生のシーソーゲーム>が始まる!?注目の若手英国男子×ベテラン俳優が織り成す、痛快ブラックコメディ誕生!

2018年 90分

字幕

予告編

作品詳細

人生に絶望した青年ウィリアムを演じるのは、『ダンケルク』に出演し注目を集める英国俳優アナイリン・バーナード。自殺しても死にきれない不運な青年を“愛すべき陰キャラ”として演じ切った。クビ寸前の殺し屋レスリーには、『フル・モンティ』で英国アカデミー賞を受賞し、米アカデミー賞(R)ノミネート経験を持つカメレオン俳優トム・ウィルキンソン。殺し屋でありながらも思わず共感してしまう“愛すべきおっさん”を、ユーモアを交え演じた。そして、出版社で働きウィリアムに希望をもたらすことになるエリーは、『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』出演のフレイア・メイヴァーがキュートに演じる。シリアスな展開ながらも温かみのあるキャラクターによって、一度きりの人生を生き抜くためのヒントが詰まった痛快ブラックコメディが誕生した!

青年ウィリアムは、小説家を目指すも全く芽が出ず、人生に絶望し7回も自殺を試みたがいずれも失敗している。一方、長年殺し屋としてキャリアを積んできたレスリーは、英国暗殺者組合の毎月の暗殺件数のノルマを達成できず引退に追い込まれていた。ある日この二人は出会い、“死にたい小説家”ウィリアムは、“クビ寸前の殺し屋”レスリーに一週間以内に殺してもらう契約を結ぶ。これにて一件落着!と思いきや、ウィリアムの前にキュートな彼女が現れ…「契約破棄」から始まるワケあり二人の“人生を懸けた一週間”が、今はじまる!

スタッフ

[監督]トム・エドマンズ[製作]ダニエル=コンラッド・クーパー/ニック・クラーク・ウィンドゥ[製作総指揮]ジーナ・カーター/スティーヴン・フライ/オライオン・リー/マイク・ルナゴール/アンディ・メイソン[脚本]トム・エドマンズ[撮影]ルーク・ブライアント[プロダクションデザイン]ノーム・パイパー[衣装デザイン]ナタリー・ハンフリーズ[編集]タリク・アンウォー[音楽]ガイ・ガーヴィー/ピーター・ジョブソン/ポール・ソーンダーソン

(C)2018 GUILD OF ASSASSINS LTD

関連作品

  • 小さい魔女とワルプルギスの夜
  • ダブルフェイス 潜入者
  • グレート・ウォー
  • リトル・モンスターズ
  • ブレイブ・ソルジャーズ ヒュルトゲンの戦い
  • SHADOW/影武者
  • パリに見出されたピアニスト
  • ドクター・スリープ
  • ガーンジー島の読書会の秘密
  • シンクロ・ダンディーズ!
  • ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち
  • ラスト・ムービースター