Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN
440ポイント~

Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN

出会ってしまった意味を知りたい アメリカツアーで直面した圧倒的な現実 僕らは葛藤という名の部族

2019年 88分

予告編

作品詳細

アメリカツアーで直面した圧倒的な現実。僕らは葛藤という名の部族。アンダーグラウンドシーンを牽引する若手バンドの代表格“GEZAN”初のドキュメンタリー映画 差別と葛藤。ツアー先で彼らが見たものは、マヒトゥ・ザ・ピーポーの感情を揺さぶり続け、そうして生まれたメッセージは音と重なり、GEZANを突き動かしていった。自分たちなりのクラウドファンディング<BODY VUILDING project>で資金を集め、アメリカツアーとスティーブ・アルビニによるアルバムのレコーディングを敢行したGEZAN。彼らの盟友である映像作家“でるお”こと神谷亮佑はそこに帯同する。アメリカの地ではどこへ行っても彼らは歓迎を受け、表向きにはパンク・アンダーグラウンドシーンの世界的な連帯を感じさせた。しかし、そこには先祖の時代から大きく横たわっている根深い人種差別、拭い去れない憎しみが存在する事を彼らは知ることになる。遠い彼の地で受けた感覚と感情の変化を背負い帰国した彼らだが、その情動は消えるはずも無く、彼らに覆い被さるのだった…。そんな中、アメリカでの映像の編集に向き会っていた“でるお”は極限の状態にまで追い詰められ失踪する。そして、彼らが主催するイベント<全感覚祭>の開催はもう目前に迫っていた…。

スタッフ

[監督・撮影・編集]神谷亮佑[製作]十三月[プロデューサー]カンパニー松尾[音楽]マヒトゥ・ザ・ピーポー[デザイン]マヒトゥ・ザ・ピーポー[cover photo]池野詩織[題字]STANG

(C)2019 十三月/ SPACE SHOWER FILMS

関連作品

  • 封印映像47
  • いのちスケッチ
  • 生理ちゃん
  • 夕陽のあと
  • 天気の子
  • マチネの終わりに
  • 言の葉の庭
  • 星を追う子ども
  • 秒速5センチメートル
  • 雲のむこう、約束の場所
  • ほしのこえ
  • 108~海馬五郎の復讐と冒険~