新作
チーム・バチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光
330ポイント~

チーム・バチスタの栄光

「チーム・バチスタの栄光」が、待望のドラマ化!医療過誤か、殺人か?原作・映画とは異なる結末が!

2008年 11話

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 医療ミスか?殺人か?

    東城大学医学部付属病院の心臓血管外科では、バチスタ手術《肥大した心臓を切り取り小さく作り直すことで治療する極めて難度の高い手術》が行われていた。執刀医の桐生(伊原剛志)を中心とする7人の「チーム・バチスタ」は、その手術で成功率100%を誇っていたが、ある時から立て続けに患者がオペ中に死亡する「術中死」が起きていた。病院長・高階(林隆三)は心療内科特別愁訴外来の診察医・田口(伊藤淳史)に、一連の術中死の原因を探ってほしいと申し出る。一方、東城医大には橋から川に転落した白鳥(仲村トオル)という男が運ばれてきた。チーム・バチスタの次の手術対象はやり手の社長・由紀子(朝加真由美)。オペ当日、桐生に邪魔者扱いされている田口は手術室への入室を許可されず観覧室からオペを見守るが、なぜかそこには白鳥の姿が…

  • 第2話 アクティブ・フェーズ(能動的調査)vsパッシヴ・フェーズ(受動的調査)

    チーム・バチスタを調査することになった田口(伊藤淳史)は、直美(釈由美子)に話を聞く。立て続けに手術が失敗したのは自分のせいだと言う直美に、桐生(伊原剛志)が優秀な看護師だと話していたことを告げる。チーム全員と面談することにした白鳥(仲村トオル)もまた、直美と第1助手の酒井(鈴木裕樹)を呼び出し、いきなり直美に手術の失敗は自分の責任だと思わないかと切り出す。続いて麻酔医の氷室(城田優)と臨床工学士の羽場(戸田昌宏)に、手術中に血液に毒物を注射して殺すことは可能かと問いかける。氷室は不可能だと説明するが、白鳥は手術の失敗は殺人だと断言する。次に桐生の義弟でもある病理医の鳴海(宮川大輔)に、なぜアメリカにいたのに桐生と一緒に日本に帰ってきたのかと質問すると、鳴海は…

  • 第3話 麻酔科医の告白

    チーム・バチスタの連続術死について、院内の代表によって構成されるリスクマネジメント委員会が招集された。不安な点はないと調査を強引に打ち切ろうとする心臓外科教授の黒崎(榎木孝明)たちに白鳥(仲村トオル)は、バチスタ手術全32件の記録映像貸し出しを求め、委員一同を前にチームの中に連続殺人鬼がいるかもしれないと平然と言ってのける。その後、記録映像をチェックし始めるが映像の1本が何者かに盗まれた。田口(伊藤淳史)はようやくつかまえた氷室(城田優)から過酷な実情を聞かされる。人員不足で手術を掛け持ち、昼夜を問わず緊急手術が入れば呼び出され、執刀医からも軽視される。そんな状況を聞いた田口は氷室を家に連れて行き…その頃、映像が盗まれた「ケース29」の書類を調べていた白鳥は、他のケースとは異なるある大きな事実に気づく。

  • 第4話 エリートのプライドと弱点

    田口(伊藤淳史)に届いた怪文書の報告を受けた白鳥(仲村トオル)は、一連の術死が殺人だと確信を深める。チーム・バチスタのミーティングに出向き、記録映像が盗まれた「ケース29」だけ他の手術より心臓の切除範囲が大きいことを指摘。だが桐生(伊原剛志)は、鳴海(宮川大輔)の診断には全幅の信頼を寄せていると疑いを退ける。そんな桐生と鳴海の関係をいぶかしんだ白鳥は、田口に鳴海の裏を探らせようとする。その頃、酒井(鈴木裕樹)は垣谷(鶴見辰吾)が執刀する予定の手術を、自分にやらせてほしいと垣谷に頼んでいた。酒井は父親が天才的な心臓外科医で、新人の頃から父を超えると燃えていた。白鳥は以前桐生と鳴海が働いていたアメリカ・サザンクロス病院に電話をし、2人の過去を調査。驚くべき事実をつかんだ白鳥は…

  • 第5話 犯人の目星はついた

    次のバチスタ手術の患者は蔵田(田村元治)という76歳の男性。白鳥(仲村トオル)はそのオペまでの4日で必ず犯人を見つけると公言。これまでに術死した患者の血液を科学警察研究所に調べてもらうことにする。羽場(戸田昌宏)は田口(伊藤淳史)に一連の術死は予告殺人で、患者が亡くなる前にはガラスに詰められたバラがオペ前室の手洗い場に置かれていると告げる。その頃桐生(伊原剛志)は、蔵田の画像を鳴海(宮川大輔)に見せて意見を聞いていた。蔵田のオペをしてもいいのかと迷う桐生を、鳴海は叱咤する。翌日、チーム・バチスタのミーティングで桐生は蔵田に万が一発作が起きた場合は緊急手術を行うことを再確認し、もし手術が失敗したらチームを解散すると宣言する。

  • 第6話 オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ

    田口(伊藤淳史)は手術の中止を桐生(伊原剛志)に訴え、容体が急変した蔵田(田村元治)へのバチスタ手術を阻止しようとするが、鳴海(宮川大輔)や警備員たちに押さえつけられてしまう。田口から電話を受けた白鳥(仲村トオル)も東城医大へと急ぐが、蔵田へのバチスタ手術は始まってしまった。事態を把握した藤原(名取裕子)も、緊急で病院長の高階(林隆三)に連絡を取ろうとするがつかまらない。田口はオペ室に入室できず、観覧室から手術を見守るしかない中、蔵田へのバチスタ手術は進められる。いったん心臓を止め、肥大した心筋を切除・切片の検査、そして再び心筋を縫合する作業は滞りなく進んでいく。最後に心血流を再開し、鼓動が再開すれば手術は成功。全員が祈るような気持ちで手術台の上の蔵田を見守っていた。しかし…

  • 第7話 間違っていた推理…真犯人登場!

    氷室(城田優)が犯行を認め、東城医大から逃走した。白鳥(仲村トオル)は氷室が言い残した「犯人は他にもいる」という言葉に注目するが、田口(伊藤淳史)は他にも患者を殺すような医師がいるとは信じたくない。田口は氷室の携帯に必死で電話をかけるがつながらない。チーム・バチスタのメンバーは1人ずつ、刑事の青木(眞島秀和)によって事情聴取を受ける。青木は白鳥の大学の後輩で、白鳥はその立場を利用して事情聴取に立ち会う。氷室とのプライベートでの付き合いを言及された直美(釈由美子)は、2人きりで食事をしたことはないかと聞かれ、ためらいつつも1度もないと答えてしまう。一方、田口は依然として氷室の携帯に電話をかけ続け…

  • 第8話 義兄弟の亀裂…オペで異常事態!

    桐生(伊原剛志)はチーム・バチスタを解散してオペもしないと宣言するが、村本カナ(金澤美穂)という14歳の少女が桐生のバチスタ手術を待っており、酒井(鈴木裕樹)や鳴海(宮川大輔)は反対する。一方、田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は氷室(城田優)が遺したメッセージを頼りに「ケース27」について調べ始める。すると、医療器具は研修医でなく羽場(戸田昌宏)が準備していたことが判明する。白鳥から、氷室が死ぬ前にかけてきた電話について聞かれた直美(釈由美子)は、メッセージは残っていなかったと答える。さらに垣谷(鶴見辰吾)もやたらと不運が重なったケースだったと証言。チームが解散すると聞いた田口が桐生のもとを訪れると、桐生はカナの手術も断ると言う。苦しんでいる患者を目の前に自らが執刀しないことに悩み苦しむ桐生は…

  • 第9話 偽アリバイと致命的ミス

    術中死の真相を掴むため、氷室(城田優)が遺したメッセージから「ケース27」を調べようと資料庫にいた田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は、桐生(伊原剛志)が鳴海(宮川大輔)に詰め寄っているところを目撃。そこで、桐生が氷室の死について鳴海を疑っていることや鳴海が日本に来た理由、さらに氷室が死んだ夜のアリバイについて知る。診療室に戻った田口と白鳥は映像を見直し、それが別のケースとすり替わっていることに気づく。翌日、白鳥は垣谷(鶴見辰吾)、羽場(戸田昌宏)、酒井(鈴木裕樹)、直美(釈由美子)に「ケース27」の映像を見せ、誰かがすり替えたのではないかと問うが4人は相手にしない。田口が聞き込みを続けると、氷室が死ぬ少し前に鳴海が慌ててタクシーで病院を飛び出していく姿を目撃したという警備員の証言を得る。

  • 第10話 最後の謎解き…医療トリックはコレだ!

    田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)はチーム・バチスタのメンバーを集めて「ケース27」の映像を見直す。直美(釈由美子)は初めてのバチスタで緊張しており、酒井(鈴木裕樹)も動脈ラインが取れずに慌てていた。さらに予定外の緊急オペだったため鳴海(宮川大輔)は外出しており、到着した時は心筋切除が終わったところだった。患者の心臓は再鼓動せず、オペは失敗に終わったが、手術に問題はなく、鳴海は桐生(伊原剛志)に「オペはパーフェクトだったよ」と言葉をかけた…というのが全員の共通した証言だった。だが白鳥は、「ケース27」の術死の原因について驚くべき推理を披露、改めて映像を再生し手が止まった場面を指摘する。そしてその時、田口の予想外の行動がメンバーを衝撃の展開へと導いてゆき…

  • 第11話 (最終話) わずか3秒の完全犯罪!!今、最も危険なオペが始まる!

    桐生(伊原剛志)は「ケース27」の術死は、自分の医療ミスによるものだと認め、容態の急変により急遽行われることになった次のバチスタ手術は、垣谷(鶴見辰吾)が初執刀することになる。しかし、オペ直前で垣谷が失踪、騒然となるオペ室。その頃、田口(伊藤淳史)は医局で偶然、ある写真を見つけて驚愕する。それは小学生ぐらいの女の子の写真。このマーク、どこかで見たような…と考えていると、背後から何者かに写真を取り上げられ…。『全てはサザンクロス病院から始まっていた』互いの情報を持ち寄り、確信した田口と白鳥(仲村トオル)。改めて手術映像を見直したとき、見えてきた衝撃の真実とは?そして、オペ室では前代未聞の事態が展開しようとしていた!

作品詳細

東城大学医学部付属病院で、心臓病の難手術で成功率100%を誇っていた“チーム・バチスタ”と呼ばれるバチスタ手術専門チーム。しかし、3例立て続けに術中死が発生してしまう。果たしてそれは、医療過誤か、殺人か?その原因を探るため、同病院の万年講師・田口公平が、厚生労働省の変人官僚・白鳥圭輔とともに、連続不審死の謎を追っていく。

スタッフ

[原作]海堂尊[脚本]後藤法子[演出]植田尚/今井和久/星野和成[プロデューサー]豊福陽子/遠田孝一/八巻薫[音楽]羽岡佳/妹尾武[主題歌]青山テルマ[制作]関西テレビ/MMJ

関連キーワード

小説関連作品
(C)海堂 尊「チーム・バチスタの栄光」(宝島社刊)/関西テレビ/MMJ