スパロークリーク 野良犬たちの長い夜
440ポイント~

スパロークリーク 野良犬たちの長い夜

極右組織版の新たな『レザボア・ドッグス』とも評された本作の監督・脚本を務めたのは、本作が長編デビューとなる新鋭ヘンリー・ダナム。新人離れした緻密な脚本とスタイリッシュな映像は高く評価され、トロント国際映画祭に正式出品されるなど大きな話題を呼んだ。

2018年 89分

字幕 吹替

予告編

作品詳細

警察官の葬儀で銃乱射事件が起きた夜、民兵組織の倉庫から一丁の自動小銃が消えた。集まった組織の男たちは互いに犯人ではないかと疑い合い、緊張を高めてゆく。組織に属する元警官で尋問のスペシャリスト・ギャノンは、男たちを1人ずつ呼び出し、尋問を始めてゆく。徐々に明らかになる、極右民兵組織へと所属することになったそれぞれの事情、憎しみ、怒り、殺意…。

スタッフ

[監督]ヘンリー・ダナム[製作]ダラス・ソニアー/アマンダ・プレスミク/ジョナサン・ブラウンリー/アダム・ドナギー[脚本]ヘンリー・ダナム[撮影]ジャクソン・ハント[編集]ジョシュ・イーザー

関連キーワード

劇場未公開作品

(C)2018 CINESTATE MILITIA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

関連作品

  • 13時間 ベンガジの秘密の兵士
  • ナイト・ウォッチャ―
  • リズム・セクション
  • バクラウ 地図から消された村
  • ブリング・ミー・ホーム 尋ね人
  • 真犯人
  • ルース・エドガー
  • BURN/バーン
  • タチャ ワン・アイド・ジャック
  • シチリアーノ 裏切りの美学
  • コリーニ事件
  • ウルフ・アワー