新作
ふろがーる!
ふろがーる!
330ポイント~

ふろがーる!

自宅のお風呂が究極の娯楽に!お風呂中心のライフスタイルを貫く女の子の物語

2020年 6話

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 世界一平和な爆弾 バスボム

    大好きな入浴タイムのために、自宅のお風呂をアレンジすることが日課の生実野早夜子(桜井日奈子)。ある日、探し続けていたカプセルトイを購入。空のカプセルを捨てようとした時、ふとバスボム(入浴剤)を作るアイデアを思いつく。早速バスボム作りを始める中、後輩・檜山愛乃から電話が。早夜子は作ったバスボムを自慢げに見せるが地味だと言われたことが引っかかり…。

  • 第2話 夏みかんは“映え”のはじまり

    後輩・檜山愛乃(小西桜子)から弟子にしてほしいと頼まれた早夜子(桜井日奈子)。「風呂10か条」を伝えるため、愛乃にビデオ電話をかけようとした時、早夜子の元に宅配便が届く。以前応募した懸賞の無料宿泊券だと思い、興奮して荷物を開けると、そこには1年分の夏みかんが…。がっかりした早夜子だったが、お風呂で季節を感じられるとあるアイデアを思いつき…。

  • 第3話 恋と雨とミストサウナ

    桜井日奈子主演!新感覚お風呂コメディ!ある日、早夜子(桜井日奈子)がお風呂の湯加減を見にいくと、なんとお湯が冷たくなっていた…愕然とした早夜子は、すかさず修理業者・温井守(味方良介)を呼び、すがりつくように修理を依頼する。無事に修理を終えて出てきた温井は、落ち着かない様子の早夜子を見て表情が緩む。そして、温井がお風呂のすばらしさをだんだん語り始めると、早夜子はドキドキしてきて…。

  • 第4話 泡風呂DEうおおおぉ

    桜井日奈子主演!新感覚お風呂コメディ!月に1度、お風呂を隅々まで掃除し尽くす、“大掃除の日”を設けている早夜子(桜井日奈子)。そんな大掃除の日に、愛乃(小西桜子)が早夜子の家に突然やってくる。お風呂場から聞こえた奇妙な声が気になった愛乃が早夜子の元へ向かうと、一心不乱に掃除をする早夜子の姿が!綺麗になっていく浴槽を見た愛乃はなぜか掃除を手伝い始める。そこにはある真実が隠されていたのだが…。

  • 第5話 夏の風呂は天国か地獄?

    早夜子(桜井日奈子)がぐったりした様子で帰宅すると、祖母から葉書が届いていた。そこには、震える字で「…地獄」とあり、怯えた早夜子は思わず葉書を放り投げる。そこに、愛乃(小西桜子)から電話があり、愛乃の口からも“地獄”というワードが…早夜子は逃げるように浴室へ向かったが、お風呂の湯気に地獄のような暑さを感じ負の感情を抱いてしまう。しかし、究極の夏風呂を完成させるため早夜子が様々なアイデアを試みる。

  • 第6話 (最終話) 早夜子VS風呂 最後の戦い

    浴槽をなぜ“湯船”と呼ぶのか疑問に思っていた早夜子(桜井日奈子)だったが、ある本から答えを見つけ、とても興奮していた。そこに愛乃(小西桜子)から、お風呂アイデアコンテストに応募しておいたと電話が。“最高のお風呂”を目指すため中途半端なものでは応募できないと思った早夜子は、自宅の湯船を温泉にできればと思いつく。しかし、お風呂に温泉の素をいれるだけでは芸がないと思い始め、衝撃的な行動をとる…

作品詳細

自宅のお風呂を愛してやまない主人公が様々な入浴方法に挑戦し、「最高のお風呂とは何か?」を求め、お風呂中心のライフスタイルを貫く物語。

スタッフ

[原作]片山ユキヲ[脚本]政池洋佑/仲村優果里[監督]石川淳一[主題歌]井上紗矢香 [チーフプロデューサー]山鹿達也[プロデューサー]稲田秀樹/田辺勇人/森安彩[制作]テレビ東京 共同テレビジョン[製作著作]「ふろがーる!」製作委員会

関連キーワード

石川淳一 コミック関連作品
(C)片山ユキヲ・小学館/「ふろがーる!」製作委員会