新作
ウエストワールド<サード・シーズン>
ウエストワールド<サード・シーズン>
275ポイント~

ウエストワールド<サード・シーズン>

批評家に絶賛されているHBOのドラマシリーズ~人工知能の自我の目覚めと、地球上に生まれる新たな生命の形を描く一大暗黒叙事詩~のサード・シーズンが幕を開ける。

2019年 R15 8話

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 怒れる神々

    ウエストワールドでの殺戮事件の後、ドロレスは人間の世界にいた。彼女はインサイト社というテクノロジー企業について調べるため、創業者の息子に接近する。求職中の帰還兵ケイレブは、母親の入院費を稼ぐため危険な仕事に手を出していた。事件の処理に追われるデロス社ではシャーロットが、逃亡中のバーナードを首謀者として逮捕させ、事件を解決しようと提案する。一方、メイヴはナチスが支配する世界にいた。

  • 第2話 ウィンター・ライン

    メイヴは、第二次世界大戦のイタリア戦線を再現した“ウォーワールド”で、キャストとなっているヘクターと再会するが、彼は自身がアンドロイドであることを認識した時の記憶を失っていた。ラボに戻ったメイヴは、ウエストワールドでの事件で死んだはずのリーにも再会する。バーナードは、密航船で事件後のウエストワールドに戻る。彼は人間の世界で暴走するドロレスを止めるため、協力者としてメイヴを捜すが…。

  • 第3話 レハブアム

    ドロレスはラボから、アンドロイドの頭脳となる“パール”と呼ばれる球体を4つ持ち出していた。彼女はある人物のパールをシャーロットのアンドロイドに入れ、デロス社に潜入させていたのだった。そんな中、デロス社がアンゲロン・セラックという謎の富豪に買収されていたことが発覚する。一方、インサイト社の手先に襲われたドロレスはケイレブに助けられる。彼女は彼にほかの人間とは違うシンパシーを感じる。

  • 第4話 亡命者たちの母

    デロス社を退き、荒んだ生活を送るウィリアムは、殺した娘の幻影に苦しむ。シャーロットはセラックによるデロス社買収を阻止するため、ウィリアムに社へ戻ってほしいと頼む。ドロレスはインサイト社創業者の息子リアムの資金を奪う計画を実行する。一方、娘のいる世界への鍵と引き換えにドロレスを追うことになったメイヴは、ドロレスが取引した人物を捜してヤクザのアジトへ。メイヴはそこでムサシと再会する。

  • 第5話 “ジャンル”

    少年時代、パリが核で壊滅した時、弟と共に生き残ったセラック。彼は天才の弟と協力し、人類が同様の過ちを犯さないよう人々の行動をコントロールする“神”を創造しようとする。そしてレハブアムが誕生したのだった。ドロレスとケイレブはリアムを拉致し、レハブアムのアクセスキーを要求するが、彼らはセラックの手先に襲撃される。その最中、ケイレブはリアムにジャンルという薬物を打たれ、精神が混濁していく。

  • 第6話 デコヒーレンス

    世界中の人々にレハブアムの持つ自分のデータと未来予測が送られ、各地で暴動が発生する。そんな中、シャーロットはセラックのデロス社買収を阻止しようと動いていたが、それを察知したセラックが社に乗り込んでくる。一方、メイヴはセラックによって再びウォーワールドへ。彼は援軍としてヘクターを送り込む。メンタルケア施設に強制入院させられ、AR治療を受けるウィリアムは、ARの中で過去の自分たちと対峙する。

  • 第7話 パスポーン

    ドロレスとケイレブはメキシコのとある施設へ。2人はそこでレハブアムの先行機“ソロモン”と会話し、ケイレブは自分がこの施設で、世界の調和を乱す“外れ値(ち)”と判定され、矯正治療を受けていた記憶を取り戻す。そこへメイヴが現れる。AR治療からウィリアムを救出したバーナードは、セラックが人間の記憶や人格を書き換えるために、ウエストワールドで集められたデータを買っていたことを知る。

  • 第8話 (最終話) 託される選択

    ドロレスとケイレブは、ソロモンの戦略プログラムをレハブアムにアップロードしようと、インサイト社へ向かうが、ドロレスの前にメイヴとシャーロットが立ちはだかる。一方、バーナードのもとにウエストワールドのホストだったローレンスが現れ、重要な装置が入ったアタッシュケースと、ある女性の住所を渡す。死んだことにされていたウィリアムは、デロス社の系列会社に乗り込むが、そこには意外な人物が…。

作品詳細

ジョナサン・ノーランとリサ・ジョイによってTVドラマ化され、エミー賞(R)にノミネートされたHBOのSFドラマシリーズ「ウエストワールド」が、さらに大胆かつ魅惑的な、そしてタイムリーな内容で帰ってくる。セカンド・シーズンの最後に起きた大虐殺の余韻も冷めやらぬ中、ドロレス、バーナード、デロス社役員シャーロット・ヘイルの姿をしている正体不明のホストは、新たな一歩を踏み出す。彼らはテーマパークの外で“現実世界”を探検し、解放された今、自分が何になるのかを探求する。約8時間のエピソードのサード・シーズンを通じて、ドロレスは人類との戦争に備え、バーナードは必死に彼女を止めようとする。一方、メイヴは馴染みの者たちと再びチームを組む。そして、その誰もが、外の世界は予想していた通り欺瞞と変えられない運命に満ちていると気づく。エヴァン・レイチェル・ウッド、タンディ・ニュートン、エド・ハリス、ジェフリー・ライト、テッサ・トンプソンが前シーズンから続投し、新レギュラーとしてアーロン・ポール、ヴァンサン・カッセルが加わる。「ウエストワールド」はサード・シーズンでもスリリングで紆余曲折のある展開が続き、人間の本質や自由意思、そして人間の根源とは何かという難題を突きつける。

スタッフ

[企画]ジョナサン・ノーラン[製作総指揮]J.J.エイブラムス/ジョナサン・ノーラン/リサ・ジョイ[原案]マイケル・クライトン
(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.