新作 無料あり
春花秋月~初恋は時をこえて~
春花秋月~初恋は時をこえて~
0ポイント~

春花秋月~初恋は時をこえて~

運命を裏切る、始まりの口づけ。

2019年

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 本当の愛を求めて

    2169年、人類は永遠の命を手にしていた。そんな時代に生きる主人公の望みは本当の愛を得ること。永遠の命を捨てるという条件もいとわず、彼女は恋愛体験ができる装置を使い、武侠たちがしのぎを削る時代に記憶喪失の少女・春花(しゅんか)としてタイムスリップする。装置が告げた恋愛テーマは“春花秋月いつ終わらん”という謎めいた言葉。最初に出会った男性が運命の人と聞かされた春花の前に、2人のイケメン・蕭白(しょう・はく)と上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)が現れ…。

  • 第2話 揺れる女心

    運命の人と信じる武林界の正派・蕭白(しょう・はく)に引き取られ、胸をときめかせる春花(しゅんか)。堅物の蕭白を振り向かせようとしていたある日、何者かに襲われ、気づけば魔教・千月洞の洞主である上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)のもとにいた。甘い言葉とルックスに心を許した春花は彼を兄だと思い込む。そんな彼女に上官秋月は正派の心法を盗み出すよう迫る。彼は内心では春花のことを“花小蕾(か・しょうらい)”ではないかと疑っていた。花小蕾とは何者なのか? 春花との関係とは…。

  • 第3話 命令を突きつけられて

    春花(しゅんか)が湯浴みしているところにやってきた蕭白(しょう・はく)は、思いがけず春花の鎖骨に花のような形のあざを見つける。春花は“夫”のあなたに裸を見られても構わないと蕭白をからかう。その一件以降、蕭白は急に春花に優しく接するようになり、何か事情があるのか過去の記憶を聞き出そうとする。やっと蕭白を振り向かせることができたと浮かれる春花だったが、そんな彼女の前に上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)が現れ、3日以内に心法を盗み出さないと命はないと迫る。

  • 第4話 恋のライバル出現

    春花(しゅんか)は上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)が正派・蕭白(しょう・はく)の先祖に殲滅された末裔で、蕭白を敵視していることを知る。ある日、正派の間で詩会を催すことになり、春花は蕭白、その友人の秦流風(しん・りゅうほう)と共に開催地へ向かう。そこに現れた風彩彩(ほう・さいさい)と冷凝(れい・ぎょう)という名の2人の美女。風彩彩と蕭白は親密な間柄のようで、誰もが似合いのカップルと見なしていることに嫉妬心を燃やす春花。心法の件で彼女を問い詰めに来た上官秋月に、色仕掛けで蕭白から奪うと答えるのだった。

  • 第5話 怪しまれる春花の素性

    詩会で詩を披露した春花(しゅんか)は、“春花秋月いつ終わらん”と吟じた途端に列席者から剣を突きつけられ卒倒してしまう。正派にとって“秋月”の2文字は禁句だった。春花は魔教との関係を疑われてしまう。“花小蕾(か・しょうらい)”の消息を探っていた秦流風(しん・りゅうほう)は、彼女が死んだとの情報を得る一方、その姿絵を入手した。それを見た蕭白(しょう・はく)は…。この時代にタイムスリップした時、医師殺害現場に居合わせたことからも、武林各派は春花の素性を暴こうとする。

  • 第6話 とらわれた春花

    魔教・伝奇谷の傅楼(ふ・ろう)にとらわれた春花(しゅんか)。彼は上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)の妹にもかかわらず蕭白(しょう・はく)に厚遇されている春花を不審に思っていた。春花は蕭白が命の恩人だと答えるが、この時代にタイムスリップした彼女を医師殺害容疑から救ったのは傅楼だった。春花のあとをつけてきた風彩彩(ほう・さいさい)もとらわれの身となってしまう。窮地の春花の前に現れた上官秋月。そこで春花の不意を打つ思わぬ出来事が…。上官秋月は傅楼の妻に助けを求めて脱出するよう助言する。

  • 第7話 明らかになる春花の素性

    中秋節の灯籠見物を抜け出し、花(か)家を訪ねた蕭白(しょう・はく)と秦流風(しん・りゅうほう)。蕭白は、娘を亡くしたと思い込む伯父に、記憶喪失になっているが“小蕾(しょうらい)”は生きていると告げる。だが魔教に利用されている疑いがあると伝えると、伯父は娘を貶められたと言って激怒する。その頃、春花(しゅんか)は上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)から宝の珠を渡される。ある合言葉を唱えれば彼がすぐ助けに現れるが、片方が死ねばもう一人の命もないという物だった。蕭白は春花に真実を語ることを決意し…。

  • 第8話 春花をめぐる恋の鞘当て

    蕭白(しょう・はく)と花(か)家を訪ねた春花(しゅんか)。そこにはうまく小蕾(しょうらい)の兄に成りすました上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)の姿が。春花は許嫁の蕭白と共に帰ろうとするが引き止められる。小蕾が上官秋月の妹ではないと知り、自分は単に心法を得るために利用されていただけだと憤る春花。そんな彼女に上官秋月は、蕭白に嫁ぐよりも私と駆け落ちしたいと言ったのは誰かと切り返す。更には体の隅々まで知り尽くしていると…。翌朝、蕭白が婚約の約束を果たしたいとやってくる。

  • 第9話 春花をめぐる一騎打ち

    命を救う長生果を花(か)家が隠し持っているとして武林に再び嵐が吹き荒れていた。新たに求婚書を差し出すため、一旦花家を後にした蕭白(しょう・はく)だったが、病床の父に長生果が必要だったため花家に引き返す。そこで目にしたのは長生果を出せと冷影(れい・えい)に刀剣を突きつけられた花家の父子の姿だった。更にそこに傅楼(ふ・ろう)までも登場。正体がバレた上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)は春花(しゅんか)をさらって逃走する。追いかける蕭白との間でついに一騎打ちの時がやってきた!

  • 第10話 蕭家の秘密

    蕭白(しょう・はく)に駆け落ちの過去をバラすと上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)に脅され、春花(しゅんか)は必ず心法を盗むから内緒にしてほしいと懇願する。そんな中、蕭白は求婚の証に蕭家伝来の翡翠の腕輪を春花に贈る。その夜、春花は蓮の池に薬を捨てている蕭白の父・蕭原(しょう・げん)を目撃する。蕭原はこのことは秘密にしてくれと言う。蕭原はある男から、なぜ罪もない上官恵(じょうかん・けい)をあれほど苦しめたのか責め立てられていた。上官秋月は春花にこれからが見ものだと意味深な言葉を投げかけ…。

  • 第11話 愛は正邪を超えて

    蕭白(しょう・はく)は父・蕭原(しょう・げん)の葬儀の場でその過去を知らされ動揺する。蕭原には若き日に、自分の命を救ってくれた上官恵(じょうかん・けい)と愛を誓い合い、その証にもらった玄氷石の蓮花灯と蕭家の心法の力で鳳鳴刀の奥義を極めたという過去があった。しかしその後、蕭原は上官恵が魔教・千月洞の洞主の妹であると知り、彼女から離れてしまう。上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)は春花(しゅんか)に上官恵と同じ思いをさせまいと決心する。一方、傅楼(ふ・ろう)は病気の妻を救うため必死に長生果を探していた。

  • 第12話 愛の告白

    春花(しゅんか)は蕭白(しょう・はく)から初めて告白される。そんな彼女に上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)は、蕭白は愛より正義や鳳鳴刀を選ぶ男だと言って立ち去る。一方、武林では長生果の競売をめぐって正派の間でも血なまぐさい内紛が起きていた。そんな折、傅楼(ふ・ろう)の妻・游絲(ゆう・し)に再会した春花は、美しい花畑を見に来るよう誘われて伝奇谷を訪れる。しかし、傅楼の部下が秘密裏に春花を捕らえようとする。追い詰められた彼女が救いを求めたのは上官秋月からもらった宝の珠だった。

  • 第13話 愛か鳳鳴刀か

    蕭白(しょう・はく)たちが春花(しゅんか)の行方を捜していると、町の物売りが割れた翡翠の腕輪を差し出す。包みの布には“午の刻、千月洞で春花と鳳鳴刀を交換”という上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)からの言葉が書かれていた。それは長生果の競売と同じ時刻だった。上官秋月は春花に、蕭白が助けに来るか賭けをしようと持ちかける。人質のフリをするよう迫られた春花の前に姿を現した蕭白。果して彼は鳳鳴刀を差し出すのか…。その頃、競売会場は殺りくの場と化していた。

  • 第14話 風彩彩の命を救え!

    父の亡骸に触れたことで毒に侵され、床に伏せる風彩彩(ほう・さいさい)。医聖の弟・卜(ぼく)先生が診断したところ、毒は蒲公英(たんぽぽ)と呼ばれる感染力の強い物で、解毒薬がなければ風彩彩はあと7日間の命だという。傅楼(ふ・ろう)の仕業に違いないと考えた冷凝(れい・ぎょう)は彼のもとに乗り込む。一方、春花(しゅんか)は上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)から薬をもらうべく千月洞へ。蕭白(しょう・はく)と秦流風(しん・りゅうほう)は、長生果の競売を企てた人物・石(せき)先生の思惑に疑問を感じ、彼が医聖の死に関係しているのではないかと推理する。

  • 第15話 解毒薬と愛

    千月洞で三日酔という薬を発見した春花(しゅんか)は、上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)を酔わせて解毒薬のありかを聞き出す作戦に出るが、思わぬ展開に…! 一方、冷凝(れい・ぎょう)の父・冷影(れい・えい)は石(せき)先生を捜し出そうと奔走し、その跡を傅楼(ふ・ろう)が追っていた。上官秋月から解毒薬をもらうことができた春花は風彩彩(ほう・さいさい)に飲ませようとするが、周囲から出所不明の薬だと止められる。蕭白(しょう・はく)の助言で薬を飲めた風彩彩は意識を取り戻すが、春花は何を根拠に上官秋月を信じたのか自問自答していた。

  • 第16話 嵐の婚礼

    蕭白(しょう・はく)との結婚が決まったと喜ぶ春花(しゅんか)。その一方で蕭白は長生果の件で乱れた風紀を正さなければと考えていた。婚礼の噂は上官秋月(じょうかん・しゅうげつ)の耳にも入り、彼は怒りをあらわにする。婚礼が近づく中、長生果が手に入ったらどうすると蕭白に問われた春花は、傅楼(ふ・ろう)の妻に渡すと答える。蕭白は春花を欺いていいのかと心の葛藤を秦流風(しん・りゅうほう)に相談する。春花は心の片隅でなぜか上官秋月のことが気になっていた。そしてついに婚礼の日を迎えるのだった…。

作品詳細

永遠の命が叶う未来に暮らすヒロイン雷蕾(レイ・レイ)が、命がけの恋をするために過去にタイムスリップする本作。不死と引き換えに感情を制御された時代に生きる雷蕾は、昔の人たちが経験していた“心が震えるほどの恋”を体験するために、永遠の命を捨てて過去へ行くことを決断する。『ツンデレだけど一途な相手との、ちょっと波乱万丈な恋』を夢見る雷蕾は、本当の愛を知ることができるのか?

キャスト

チャオ・ルースー リー・ホンイー ウー・ジュンユー リゥ・イートン

スタッフ

[監督]ファン・チュン[脚本]ホンハイアーチュアンズ/チャオ・シュエン
(C)Jetsen Huashi Media Co.,Limited