新作
緑豆の花
緑豆の花
220ポイント~

緑豆の花

ユン・シユン×チョ・ジョンソク主演 朝鮮時代後期1894年東学党の乱。兄弟の願いはただ一つ、明日を変えること。平等で平和な時代を願った彼らの過酷な運命の行方は―?

2019年

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 ペク家の息子

    ペク・マンドゥクは郡守(クンス)と組んで民を搾取する悪徳役人。使用人に産ませた息子イガンは税の取り立てを手伝い、正妻の息子イヒョンは科挙受験を準備中。そこへ東学教徒チョン・ボンジュンが腐敗を一掃するため決起を企てる。

  • 第2話 6人目の郡守(クンス)

    全州(チョンジュ)旅閣の客主(ケクチュ)ソン・ジャインはケガを負った行首(ヘンス)チェ・ドッキの傷薬を求めてボンジュンを訪ね、会話の内容から沙鉢通文(サバルトンムン)に書かれた民乱の主導者が彼だと直感。そこへチョ・ビョンガプが再び古阜(コブ)郡守として赴任してくる。

  • 第3話 行商人と逃亡者

    東学教徒に追われるマンドゥクとイガンは、米と引き換えに全州(チョンジュ)旅閣の客主(ケクチュ)ソン・ジャインにかくまってもらう。科挙を受けるため全州の姉の家にいたイヒョンは民乱の知らせを聞き古阜(コブ)に戻ろうとするが、姉に止められる。

  • 第4話 右手に突き刺さった短刀

    東学党に捕まったイガンは民につるし上げにされるが、行きすぎた復讐によって決起が失敗に終わることを恐れたボンジュンがイガンを解放。そして保身に走ったマンドゥクの部下ホンがマンドゥクの隠れ場をソクジュに密告する。

  • 第5話 はめられた婚姻

    無事古阜(コブ)に戻ったマンドゥクはジャインに沙鉢通文(サバルトンムン)を突きつけ米を売る約束を撤回させることに成功。民乱収拾のために派遣された按覈使(アネクサ)は報復しないと約束した郡守(クンス)の言葉を覆して東学教徒を投獄し、ソクジュを極刑に処すと言う。

  • 第6話 引き継ぎ

    吏房(イバン)を引き継ぐことになったイガンだが、民から金を巻き上げるやり方にどうにも心が落ち着かない。日本の商人の依頼を受けボンジュンの行方を捜すジャインは、ある日、再び蜂起することを示唆する張り紙を発見する。

  • 第7話 息子を縛る父

    イガンに吏房(イバン)になるのを断られたマンドゥクはイガンの母ユウォルに東学教徒のぬれぎぬを着せる。これを知ったイガンはユウォルが東学教徒だと嘘の証言をした男の家を訪ねるが、そこでチョルドゥと乱闘になり彼を殺してしまう。

  • 第8話 お尋ね者

    倒れているところをジャインに助けられたイガンは禅雲(ソヌン)寺に監営(カミョン)軍が攻め入ったと聞き、すぐさま禅雲寺に向かう。古阜(コブ)ではお尋ね者イガンの張り紙があちこちに貼られ、イヒョンはイガンを追い詰めた父親に怒りをぶつける。

  • 第9話 茂長起包(ムジャンギポ)

    ソクジュの陰謀で徴兵されたイヒョンは戦場へ向かい、イガンはボンジュンを訪ねて自分を義兵として受け入れるよう直談判。ジャインは高官に賄賂を配って軍商の地位を獲得し、監営(カミョン)軍に従軍して白山(ペクサン)の武器庫へと向かう。

  • 第10話 白山(ペクサン)蜂起

    布告文を読んだ民があちこちで蜂起するが、火薬が圧倒的に足りない東学軍は白山の火薬庫を襲撃することに。イヒョンら郷兵(ヒャンビョン)と監営(カミョン)軍が火薬庫の見張りに当たる中、東学軍が攻撃を開始。逃げ惑うイヒョンの前にイガンが現れる。

  • 第11話 弱者の武器

    晴れて義兵になったイガンだが、義兵の中には古阜(コブ)の者も多く、イガンを仲間と認めない。その頃、慣れない戦いで体力的にも精神的にも追い込まれたイヒョンは、ひょんなことから今回の徴兵に何者かの陰謀があったことを知る。

  • 第12話 師の裏切り

    東学軍は黄土ヒョン(ファントヒョン)で監営(カミョン)軍を急襲するが、イヒョンらの部隊が監営軍に加勢して東学軍を撃退。残された東学軍の死体にイガンがいないか見て回るジャイン。イヒョンはホンを問い詰め、徴兵がソクジュの仕業だったことを知る。

  • 第13話 捕虜

    黄土ヒョン(ファントヒョン)で東学軍が大勝し、古阜(コブ)はまた東学の天下に。東学教徒たちはマンドゥクを袋叩きにするが、そこへイヒョンが戻ってくる。ジャインは東学軍の捕虜になりイガンと再会するが、行商人に恨みを抱く教徒がジャインを狙う。

  • 第14話 再会

    全州(チョンジュ)に潜り込んだイガンたちは全州旅閣に手紙を投げ込み、これを読んだジャインの父ソン・ボンギルとドッキは物資を用意して東学軍の軍営へ向かう。ところが、任務を終えたイガンが置き手紙を置いて姿を消してしまう。

  • 第15話 東学軍の新兵器

    ボドゥリとボンゲを連れて命からがら軍営に戻ったイガンは別動隊の隊長チェ・ギョンソンにこっぴどく叱られ槍兵(そうへい)隊に異動。全州(チョンジュ)に向かっていたジャインとドッキは東学軍討伐にやってきた京(キョン)軍と遭遇し、彼らの武器に圧倒される。

  • 第16話 2代目吏房(イバン)

    破談が決定したイヒョンは吏房を継ぐと決意。マンドゥクは大反対するが今後は自分のやり方で父の夢を実現すると語る。罰で別動隊を外されたイガンは復帰を許され、久々に仲間とバカ騒ぎ。そこへ国王の使者がやってくる。

作品詳細

激動の時代を迎えつつあった19世紀末の朝鮮。全羅道古阜郡の吏房ペク・マンドゥク(パク・ヒョックォン)は郡守と組んで民を搾取する悪徳役人だった。長男イガン(チョ・ジョンソク)は庶子として蔑まれながら父親の汚れ仕事を手伝い、腹違いの弟イヒョン(ユン・シユン)は父親の期待を一身に背負い、日本留学を終えて科挙受験の準備中であった。一方、全州旅閣を率いるソン・ジャイン(ハン・イェリ)は利益を追求して大商団を夢見ていた。

スタッフ

[演出]シン・ギョンス/キム・スンホ[脚本]チョン・ヒョンミン
(C)SBS