新作 無料あり
皇太子妃はシンデレラ~花嫁は可愛い盗賊!?~
皇太子妃はシンデレラ~花嫁は可愛い盗賊!?~
0ポイント~

皇太子妃はシンデレラ~花嫁は可愛い盗賊!?~

令嬢の身代わりとして皇太子妃にされてしまったのはなんと山賊の女頭目だった!!宮中を舞台に巻き起こる目からウロコのラブコメ時代劇!!

2020年

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    沛国の皇宮では皇太子・李徹(りてつ)と皇太子妃・劉玉瑶(りゅうぎょくよう)の婚礼が行われていた。しかし、ある大臣が「その女子は皇太子妃にふさわしくない」と上奏する。実は相国・劉升(りゅうしょう)は対立する皇太子を監視するため、孫娘の玉瑶を嫁がせようとしていた。しかし、すでに思い人のいた玉瑶は崖から身投げする。劉升はそんな玉瑶にうり二つの山賊の娘・常楽(じょうらく)を見つける。

  • 第2話

    玉瑶になりすました常楽は、皇太子妃にふさわしくないと言われたものの、身の潔白を証明できた。一方、玉瑶の輿入れを阻みたい皇太子一派は、玉瑶の拉致を試みるが失敗。玉瑶も第五皇子・李衡(りこう)を捕らえて劉升との交渉をもくろむが、その李衡もニセ者だった。

  • 第3話

    自分の仕掛けた罠に足を引っかけ、李徹の体の上に乗り上げた常楽。ばつが悪そうな顔で常楽が離れると、李徹は枕を抱き締めながらそそくさとその場を立ち去る。結局、劉玉瑶の輿入れを阻めず、ひたすら陳謝する朱雅各(しゅがかく)。いくら考えても劉升の腹が読めない李徹は、公孫黙(こうそんもく)に引き続き調査を命じる。

  • 第4話

    賭場を訪れた常楽は、水を得た魚のごとく生き生きと賭けに興じる。遊び方の分からない李徹はイカサマの餌食となり、手元の銭を次々と巻き上げられる。李徹は常楽のことを生っ粋の名家の令嬢だと信じており、醜悪な賭場に耐えきれず逃げ出すだろうと見込んでいた。負け続ける李徹は、とうとう有り金全部を賭けて勝負に挑む。

  • 第5話

    霊犀大会のあと、玉瑶(常楽)の琴で朱顔(しゅがん)が舞を披露し、好評を博すが、李衡の身分を知った朱顔は冷たく振る舞う。一方、酔った李徹は常楽を桃源村へ連れて行き、昔なじみの村人らに紹介する。その頃皇后は姪の玉瑶の態度が悪いと立腹。皇太子夫妻を呼びつけ、玉瑶を陥れる一計を案じるが、逆に常楽にやりこめられてしまう。

  • 第6話

    李徹の祖父・沈(しん)将軍が李徹を呼び出し、山の村で殺された王(おう)将軍は、劉升に殺された可能性が高いと指摘。また、玉瑶(常楽)への対処法を李徹に授ける。その頃、弄影(ろうえい)は劉升に皇太子夫妻に関する報告に行っていた。劉升は弄影のあとを公孫黙がつけていたため、「目障りな公孫黙を消す」と言う。

  • 第7話

    宮中で李律(りりつ)と出くわした朱雅各は、李律が朱顔の絵姿を手にしていることに気づき、すぐさま互いの子の縁談を取りまとめようと王(おう)貴妃を訪ねる。常楽は李徹を驚かせたくて、手作り料理に挑戦していた。しかし弄影が秘密を守りきれず、李徹を厨房に案内してしまう。

  • 第8話

    祖父の沈敖(しんごう)が李徹に宛てた文を読んだ常楽。夢から覚めたかのごとく一気に愛が憎しみに変わる。人々が寝静まる真夜中、黒装束に身を包む常楽が皇太子府から出ていく。李徹に目に物見せるべく、その身は怒りに燃えていた。明け方、皇太子府の門前に盗まれた宝石が置かれる。大理寺卿たる李徹への挑戦状であることは疑いようもない。

  • 第9話

    常楽は朱府へ入り込み、朱尚書の官服を盗む。面目が潰されたと怒る朱尚書は盗人を捕らえることを誓い、盗人が皇太子妃ではないかと疑う。公孫黙も皇太子妃を疑い、夜遅く会いに行こうとするが、それを邪魔しようとした弄影に池に落とされる。常楽はひそかに「もう盗みをしません」と書いた書状を朱府に届ける。

  • 第10話

    皇太子夫妻は山へ狩りに出かけ、体調のすぐれない公孫黙は残り、弄影も残って看病をする。弄影は母親を人質に取られて、やむなく劉升の手先となっていることを告白。公孫黙は朱尚書と手を組み、皇太子妃の暗殺計画を明かす。弄影が駆けつけるが、刺客に襲われた常楽を助けたのは秦(しん)兄貴だった。

  • 第11話

    李徹が常楽を探っていることを秦飛羽(しんひう)から打ち明けられ、弄影は状況を理解する。秦飛羽と手を結び、わざと縛られたふりをする。李徹による執拗な追及にも屈せず、常楽は己をか弱い劉玉瑶だと言い張るのだった。

  • 第12話

    李徹が郊外へ赴くことになった。その行程を劉升に聞かれた弄影は、すぐさま李徹に報告し、襲われる可能性を示唆する。常楽は李徹を案ずるあまり寝つけずにいた。そこへ李徹が現れ、しばしの別れを告げられるが、自分も同行させてほしいと駄々をこねる。郊外の寺へ向かう道すがら、常楽は劉升の罠に戦々恐々として気が休まる暇もない。

  • 第13話

    李衡は母親である皇后に、朱顔以外を娶るつもりはないと断言。かなわぬなら死を選ぶとまで言う。その決意の固さに、皇后は李衡に手を貸す約束をする。一方、李徹は捕らわれの身の常楽を助け出したが、結局祖父・沈将軍に捕まってしまう。将軍は、沈皇后と沈家が受けた仕打ちを忘れるなと李徹に説き、常楽は李徹のために死を決意する。

  • 第14話

    常楽と秦兄貴は村の仲間が捕らわれている地下牢を探りに行く。地下牢は複雑な造りで、容易に破ることができない。秦兄貴は「牢を破れるのは盗聖のみ」と話す。その頃、李衡と朱顔は駆け落ちを試みていた。また、李徹は劉升の常楽への信頼を得るため、命懸けの計画を実行する。そこへ夜明国のアリアティ公主が通りかかる。

  • 第15話

    皇帝の婚儀に参加するため沛国を訪れたアリアティは、途中で李徹の窮地を救った。深手を負った李徹に心を痛めるアリアティ。知らせを聞き、慌てて駆けつけた常楽のことも近寄らせないほどの執着ぶり。しかし李徹が朦朧とした意識の中で常楽の名を呼ぶと、そこで初めてアリアティは目の前の女子が皇太子妃だと気づく。

  • 第16話

    真夜中、アリアティは鶏の焼ける香ばしい匂いに引き寄せられる。常楽を見る目が変わり、素直に教えを請うものの、せっかくの鶏を黒焦げにしてしまう。一方、平楽を訪れた李衡と朱顔は心優しき老夫婦の家に厄介になっていた。主人の鄭遠航(ていえんこう)は長年連れ添った妻の誕生日に、名を添えた衣を用意する。

  • 第17話

    盗聖に会うため、試練を受ける常楽とアリアティ。鳥の卵を取る試練で常楽が合格し、盗聖に会わせてもらえるかと思いきや、盗聖の師匠を名乗る人物から、さらに冷永年(れいえいねん)の家から宝の地図を取ってくる試練を与えられる。

  • 第18話

    弄影は神医から公孫黙を治すための薬草を奪おうとしたが、燃やされてしまう。一方、冷府にいる常楽と李徹は、ようやく冷永年に会うことができた。宝の地図を手に入れた2人は、盗聖の師匠の元へ戻るが、盗聖の正体を知って驚く。その後、段念児(だんねんじ)の墓を見たいと言う秦兄貴と共に訪れた常楽は、墓の異変に気づく。

  • 第19話

    秦飛羽と師匠・段念児の関係が気になる常楽は、2人のなれ初めに耳を傾ける。若かりし頃の秦飛羽は名の知れた盗賊だった。ある日、盗みに入った段府で段念児と出会い、拳を交わすうちに意気投合し、やがて愛し合うように。将軍の妹である段念児は朝廷の腐敗と黎国の侵攻を見逃せず、秦飛羽を辺境軍へ入隊させていた。

  • 第20話

    アリアティが婿選びの試合を催すという知らせは宮中を駆け巡り、皇后も李衡のために招待状を手に入れる。しかし、李衡が愛するのは朱顔ただ一人。夜明国の後ろ盾がなくとも皇位を奪えると母親に言い放つ。それでも皇后は李徹の参加を伝えることで李衡の競争心をあおり、招待状を受け取らせることに成功する。

  • 第21話

    緊迫する陣幕の中、李衡の機転で劉升は死を逃れる。その間に村の仲間の救出がかなう。李徹と常楽が共に帰って行く中、アリアティ公主は一人残され、そんな公主に李衡が接近する。久しぶりに山の仲間との再会を喜ぶ常楽と秦兄貴。李徹も常楽の婿と認められて喜ぶ。しかし、公孫黙は弄影が去ったことで寂しさを隠せない。

  • 第22話

    慧(けい)妃となった朱顔の誕生日の宴が宮中で催される。李徹は一人で出席し、常楽不在の理由を聞かれる。李衡は愛する朱顔が父親の陛下に連れていかれるのを見て、やけになり泥酔。そのまま朱顔の寝所へ行ってしまう。一方、李徹は手紙を受け取り、常楽に会えると信じて旅館へ行くが、それは皇后が仕組んだ罠だった。

  • 第23話

    明け方、朱顔のそばで目を覚ました李衡は挨拶もそこそこに夕顔閣を後にした。皇帝は李衡の宮殿で働く侍女と太監を集め、その証言から李衡が外泊したことを知り、昨夜の陰謀に李衡が関わっていると確信する。実の兄を陥れたことに激怒し、7日間の幽閉ののち辺境への追放を言い渡す。

  • 第24話

    皇后は朱顔のため、暗宮という刑を考え出した。李衡は衛兵の制止を振り切り、力ずくで会おうとする。しかし話しかけた者だけでなく朱顔も舌を切られると聞き、思いとどまる。ちょうどその時、食事を差し入れる宮女が通りかかる。盆の上に載るのは、召し使いにすら与えられないような粗末な食事だった。

  • 第25話

    常楽と離ればなれの李徹は、皇太子府で一人、常楽の無事を心配する。そこへ陛下がやってきて、李徹は驚く。李徹が皇宮の外の皇太子府に住み始めて、陛下の訪問は初めてだった。李衡は朱顔と結ばれたい一心で、陛下と皇后を毒で昏睡させようとする。そして、その罪を李徹にかぶせるのだった。

  • 第26話

    皇宮を掌握した李衡は、李律に「皇位に興味はない」と言い、自分は朱顔と隠棲するので李律に皇帝になれと言う。弄影は公孫黙を救う薬草を手に入れ、公孫黙はその薬で回復する。一方、常楽と秦兄貴は李徹が死罪になるとの張り紙を見て驚き、李徹を助けようとする。常楽は捕まってしまうが、劉升の家で玉瑶の母と師匠に会う。

  • 第27話 (最終話)

    李衡は事実を隠し、あとで落ち合う約束をして朱顔を都から逃がす。その頃、二人きりで婚儀を挙げる公孫黙と弄影。深手を負う弄影は息も絶え絶えに誓いの言葉を言い終わると、そのまま帰らぬ人となる。そして李徹と李衡、皇帝の息子として生まれた兄弟の最後の争いが幕を開ける。

作品詳細

女山賊の常楽(じょうらく)は、隣国からの貢ぎ物である望遠鏡を盗んだことが原因でアジトを襲われ、仲間とともに劉宰相(りゅうさいしょう)に捕まってしまう。劉宰相は、皇太子との結婚を嫌がって自殺した孫娘の劉玉揺(りゅう・ぎょくよう)に常楽がそっくりだと気づき、孫娘の身代わりに常楽を劉玉揺として皇太子と結婚させようとする。一方、皇太子・李徹(り・てつ)は、皇后一家(劉宰相は皇后の兄)が自分を排除し皇后が産んだ皇子の李衡(り・こう)を皇帝の座につけたいのを知っているため、この結婚を何としてでも阻止したいと考えていた。しかし、そうこうするうちに李徹は、正義感が強く、奔放な常楽にどんどん惹かれていく。また常楽も、民を心から愛し、民を守ろうとする李徹の皇太子としての資質を認め、惹かれ初めていく…。

キャスト

チャオ・イーチン エレノア・リー チェン・スーユー ワン・ユンティエン

スタッフ

[監督]チン・ジェン

関連キーワード

アジア作品
(C)Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.