新作 無料あり
龍の花嫁 ~愛の嵐は永遠に~
龍の花嫁 ~愛の嵐は永遠に~
0ポイント~

龍の花嫁 ~愛の嵐は永遠に~

“龍の花嫁”になる運命を信じる女の子と、龍族の至宝“逆鱗”を探す王子が繰り広げるファンタジーラブストーリー!

2019年 24話

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    嵐の中、龍に助けられ誕生した蘇音音は“龍の花嫁”となる運命を信じ、再会を待ち続けていた。一方、龍族の至宝“逆鱗”を持つ寧修睿は500年前、幼なじみのために雨を降らせて民を救うが、海に戻ることが出来ず、皇帝である李思の師として暮らしていた。

  • 第2話

    逆鱗のことを白状しないため、蘇音音は海に投げ落とされ溺れそうになっていたところを寧修睿によって救出される。その時に二人は口づけしてしまい、海面の障壁を揺るがすことになった。寧修仁は海の変化を感じ、弟である寧修睿を家に迎える準備を始める。

  • 第3話

    蘇斌権が国宝『青龍帰海図』を盗んだ罪で捕縛されてしまう。父の無実を信じる蘇音音は独りで真相を調べようとするが、友人たちは彼女を遠ざけてしまう。その夜、封鎖された我が家へ着替えのために忍び込もうとした音音を李寄が幽霊と勘違いし…。

  • 第4話

    しばらく寧修睿の屋敷に引き取られることになった蘇音音は、『青龍帰海図』の真相を突き止めるために動き出す。音音は友人の洛傾心を頼りにするが、彼女は以前から音音に対して嫌悪を抱いており、見せかけの友達だったと罵る。落ちぶれた蘇家に盛京の人々は冷たく…。

  • 第5話

    蘇音音からの願いに根負けした寧修睿は、蘇斌権の事件を調べることにする。修睿は配下の者に証人である諸吏捜しを命じ、皇帝の李思に面会する。そこで、失踪した李寄が寧邸にいること、居候である音音の存在を話し、改めて蘇斌権の事件に対する李思の考えを聞く。

  • 第6話

    蘇音音は自身の心臓の鼓動で寧修睿が現れることを知り、自分が逆鱗の持ち主なのでは考え始める。どうやったら逆鱗を取りだせるのか、琳琳に手伝わせて様々なことを試みるが、全く逆鱗は現れない。ある夜、蘇邸で音音は自宅に賊が入り込んでいることに気づく。

  • 第7話

    蘇音音は手紙に書かれた居所へ向かうが、なかなか諸吏を捕まえることができない。そんな中、馬車で轢かれそうになった音音を寧修睿が救い、そこで彼が龍であることを知る。寧修睿は皇帝の李思から蘇斌権事件の調査を委任してもらい、真相究明を図ろうとするが…。

  • 第8話

    寧修睿は諸吏から事件の真実を聞き出すため、首謀者の人質となった祖母の行方を追う。ある夜、李寄がふらりと莫邸を訪れ、蘇斌権事件の手伝いを莫乗風らに申し出る。莫乗風は丁重に断るが、李寄は我関せずと莫邸に見物に入ってしまう…。

  • 第9話

    捜査の結果、事件は莫青山の陰謀によるものと分かった。莫青山は息子の将来を思い自ら罪を背負う。嫌疑が晴れた蘇斌権だったが、冠礼儀式のことで李思を諫めたため、出獄を三日延ばされてしまう。琳琳から寧修睿と蘇音音の仲を聞いた母は、親密にさせようと寧修睿に近づく。

  • 第10話

    寧修睿に初告白した蘇音音だったが拒絶され、怒って寧邸から引っ越そうとする。海を見つめる寧修睿の前に、兄の寧修仁が現れる。久しぶりの再会を喜ぶ寧修睿だったが、なぜか蘇音音を引き寄せてしまい、音音は寧修仁が運命の黒龍であると勘違いする。

  • 第11話

    蘇音音への強い愛を感じ、すべてを告白した寧修睿。口づけを交わした矢先、寧修睿は龍族の姿に戻ってしまう。李寄は最近様子がおかしくなった師を心配し、原因が音音にあると知る。一方、牢にいる父に一目会いたい莫乗風は、看守に賄賂を渡し手はずを整える。

  • 第12話

    寧修睿は兄に会いたいと願うが、寧修仁が現れる気配はなく塞ぎ込んでしまう。蘇音音と李寄が慰めようとすると、修睿は二人を酒に誘って酩酊してしまう。一方、流刑となった莫乗風は船で護送中に難破。寧修仁はそんな莫乗風を使い、音音から逆鱗を奪おうと画策する。

  • 第13話

    寧邸から追い出された蘇音音だったが、寧修睿との思い出が忘れられず、家でそわそわするばかり。気晴らしに琳琳を誘って繍坊に行くが、話すことは修睿への恨みばかりで琳琳を呆れさせる。一方の寧修睿も心ここにあらずで、弟子の李寄を困らせてしまう。

  • 第14話

    寧修睿のところへ獄中の莫青山から文が送られてきた。大理事で会った莫青山は、これまでのことを後悔し、莫乗風の命だけは取らぬよう修睿に懇願する。一方で、青山は蘇斌権にも文を書く。修睿がかつての張有嵐だと知らせ、乗風の命乞いを託すものだった。

  • 第15話

    蘇家を守るため、貴重な書画骨董を民に配った寧修睿。そのことを李寄から聞かされた李思は、妬みから全てを没収しようとする。ある夜、莫乗風は寧修仁の申し出を受けて修睿打倒を誓うが、逃亡者の乗風は追手をかわすため、修仁によって人相を変えられてしまう。

  • 第16話

    寧修睿が逆鱗を取り出さなかったことに安堵する蘇音音。修睿も音音を運命に感じ、末永い幸せを彦星と織姫に願う。居ても立っても居られない音音は、修睿と幸せな家庭を作ろうと、皇帝に奏状を書く。同じ頃、盛京の街に龍が現れ、人々の心臓が抜き取られる事件が起こる。

  • 第17話

    蘇音音の塞外行きを引き留めようとする寧修睿。愛する修睿のため、音音は心を鬼にして「これ以上修睿といて危険な目に遭うのは耐えられない」と嘘をつき、盛京を後にする。同じ頃、逆鱗の秘密を民に知られないよう、寧修仁に幽閉されていた侍医が脱走を試みる。

  • 第18話

    莫乗風は親交のあった大理事卿と密会。事件解決に協力することを条件に、莫乗風という存在を消して欲しいと請う。そして、寧修仁の目くらましの術で城内警備隊に潜り込む。一方、蘇音音が心配で、塞外までやって来た寧修睿。音音は一度は突き放すが、やがて二人は愛を確かめ…。

  • 第19話

    琳琳が見合いをすることになり、李寄がそれを阻止しようとするが、逆に皇太子の身分が琳琳にバレてしまう。一方、寧修仁たちの策略で、寧修睿が猟奇事件の容疑者として捕らえられ牢獄に繋がれた。早速、蘇音音は脱獄計画を練り、琳琳に協力を求める。

  • 第20話

    寧修睿の無実を証明するため、事件を調べることになった蘇音音たち。寧邸へ忍び込んだ音音は寧修仁から襲われてしまう。一方、牢獄に繋がれていた寧修睿は音音の危険を感じ脱獄する。だが、二人が再会したのも束の間、追手が寧邸に現れ、海岸まで逃走する。

  • 第21話

    寧修睿の求婚で蘇音音は長年の夢が叶う。だが、二人だけの祝言の日、音音は逆鱗をそっと修睿に返し、その場に崩れてしまう。一方、琳琳の邸に、お見合した雲斉が求婚ししに訪れたが、その場では何も応えられない。思いにふけるため海に来た琳琳は、李寄と出くわす。

  • 第22話

    李寄に今生の別れを告げる寧修睿は、蘇音音と蘇家を守るよう最後の願いを託す。さらに修睿は、猟奇殺人事件の証拠である城内警備隊名簿から、事件の黒幕が莫乗風だと分かり、乗風と最後の決着をつける。後顧の憂いを断った修睿は、音音のところへ向かった…。

  • 第23話

    寧修睿が帰ったと勘違いして、寧邸で李寄と鉢合わせした蘇音音。琳琳の婚姻話で落ち込む李寄に、音音は恋を成就するよう発破をかける。結婚式当日、李寄は琳琳への愛を改めて誓い、花嫁を雲斉から奪い去る。琳琳もまた本当の伴侶を得た充実感と愛に包まれ…。

  • 第24話 (最終話)

    逆鱗の怒りによってもたらされた飢饉は、3年に渡り民を苦しめた。音音や琳琳も苦しむ民を援助するが、一向に降らぬ雨になす術もなかった。そんな中、民へ施しを続ける音音は放免された莫乗風と再会。悔い改めた乗風は、かつて音音へ求婚した時の若者の心に戻っていた。

作品詳細

嵐の中、龍に助けられ誕生した蘇音音(そ・いんいん)は、“龍の花嫁”となる運命を信じ再会を待ち続けていた。一方、龍族の至宝の逆鱗を持つ寧修睿(ねい・しゅうえい)は、500年前に幼なじみのために雨を降らせ民を救うが、逆鱗を失ったため海に戻ることが出来ず、皇帝の李思(り・し)の師として暮らしていた。あるとき、皇太子としての自覚が足らぬ弟・李寄(り・き)を導いて欲しいと懇願され、寧修睿は都に住むことにする。そんな中、父の尻ぬぐいのため質屋へ向かおうとした蘇音音が、空き家だと思っていた寧修睿の屋敷に侵入し、彼に追い払われてしまう。しかし、蘇音音が落としていった掛け軸を見た寧修睿は、描かれた女があの幼なじみで、今は、蘇音音が逆鱗を持っているのではと考える。

キャスト

フー・ファー ワン・ルンツォー ジュ・リーラン リゥ・ルイ

スタッフ

[演出]麦田

関連キーワード

アジア作品
(C)2020 BEIJING IQIYI SCIENCE&TECHNOLOGY CO.,LTD. FAST FORWARD LTD. All RIGHTS RESERVED.