新作
警視庁強行犯係 樋口顕 Season2
警視庁強行犯係 樋口顕 Season2
330ポイント~

警視庁強行犯係 樋口顕 Season2

“警察小説の第一人者”である今野敏原作の本格ミステリーをドラマ化した「強行犯係 樋口顕」シリーズ。

毎週水曜日0:00より最新話見逃し配信中!

2022年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 贖罪

    ジャーナリストの桜井瞬一が殺された。現場には十字架のような破片が…。捜査一課・強行犯係の樋口顕(内藤剛志)は二課の氏家譲(佐野史郎)から桜井が収賄疑惑の議員・木崎(大浦龍宇一)の裏帳簿データを持っていたと聞かされる。しかし桜井が残したUSBメモリーには20年前の強盗殺人事件の記事が…。それは樋口と氏家が出会った因縁の事件だった。樋口はその事件を指揮した元刑事・宮前大樹(大地康雄)の元を訪ねる…。

  • 第2話 両輪

    空き家から女性の絞殺体が見つかる。樋口顕(内藤剛志)が臨場するが、所持品がなく身元を特定できずにいた。鑑識の辰見友恵(遼河はるひ)は衣類からクリーニング店を特定し、NPO法人空き店舗再活用プロジェクトの林康菜(小林涼子)と判明。生駒花蓮(篠田麻里子)は有名DIYクリエイターで康菜と共同で「DIY工房」を立ち上げていた。花蓮が犯人だと示す証拠品が見つかるが、樋口は証拠が揃い過ぎていることに違和感を抱き…!

  • 第3話 落穴

    運送会社社長・仁和宏之(テット・ワダ)の刺殺体が見つかり、樋口顕(内藤剛志)が臨場する。宏之の妻の紗子(小野ゆり子)は夫からDVを受けたと訴え、離婚を前提に別居中だった。会社の従業員によると夫婦は慰謝料のことでかなり揉めていたという。紗子とは連絡がつかず、紗子の代理人である弁護士の生島匡彦(渡辺徹)を訪ねると、紗子は数日前にDVの証拠を持って依頼に来たという。生島は医師の診断書もあったことから依頼を引き受けたが、夫の宏之はDVを否定し妻の捏造だと主張していた。樋口班の菊池和馬(佐野岳)と中田裕之(小松利昌)が聞き込みを行うが、周囲からの2人の印象はまるで正反対。そんな折、樋口は天童管理官(榎木孝明)から7年前にある高校で起きた暴力事件に紗子が関わっていることを聞かされる。彼女を擁護する記事を書いたのは東洋新聞の遠藤貴子(矢田亜希子)だった…。

作品詳細

現場一筋で様々な難事件を解決してきた、警視庁捜査一課強行犯係の警部・樋口顕(内藤剛志)。決してスーパーヒーローでない『無彩色の刑事』が犯人を追い詰める!

スタッフ

[原作]今野敏[脚本]谷口純一郎/真部千晶/坂上かつえ/佐藤友治/川﨑龍太/大石哲也[監督]児玉宜久/金佑彦/川口浩史/植田尚[音楽]福廣秀一朗[主題歌]ReN[チーフプロデューサー]濱谷晃一[プロデューサー]山鹿達也/元信克則/岡本慶章[製作]テレビ東京/ユニオン映画

関連キーワード

小説関連作品 見逃しドラマ
(C)テレビ東京/ユニオン映画