新作 無料あり
君を見つけた~僕の最愛の友達~
君を見つけた~僕の最愛の友達~
0ポイント~

君を見つけた~僕の最愛の友達~

日本、中国で大ヒットしたファンタジー史劇「斗羅大陸 ~7つの光と武魂の謎~」で鮮烈デビューした今、最も注目のシュー・シンチーが贈る感動の青春ストーリー!注目の若手男子たちが勢ぞろい!充実したキャンパスライフを送る個性豊かな若者たちの成長と友情、愛の物語!

2020年

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    リン・シャオは青島外国語学院に入学するため寮にやってくるが、間違って1日早く来てしまう。まだ電気も通っていない寮にはリン・シャオの他にシャオ・ニエンやシエ・ティンフォンも一足早く寮に到着し、それぞれ夜を過ごしていた。翌日、新入生たちが続々とやってきて、にぎやかな大学生活が始まる。シエ・ティンフォンは間違って男子トイレに入り、トイレに入ってきたシャオ・ニエンに生理用品を買ってくるように頼んでしまう…

  • 第2話

    軍事訓練中に熱中症で具合が悪くなったリン・シャオは、隣に立っていたシャオ・ニエンのスニーカーに吐いてしまう。リン・シャオはシャオ・ニエンに謝りに行くが、冷たく返されてしまう。食堂ではシエ・ティンフォンたちが上級生に絡まれ揉めていた。シャオ・ニエンが現れトラブルをおさめるが、シエ・ティンフォンはシャオ・ニエンが履いている靴を見て、昨日自分が生理用品を頼んだ相手がシャオ・ニエンだと気付く。

  • 第3話

    ネット上で密かに注目を集めていたリン・シャオは隣室のウー・ミンハオに軍事訓練で披露した歌を褒められる。リン・シャオが文芸部の入部をメールで申し込もうと携帯を取り出すと、そこへやってきたシャオ・ニエンに携帯を貸してほしいと言われる。戸惑うリン・シャオを尻目に携帯を奪いメールを送るシャオ・ニエン。一方、リン・シャオの誕生日が近いと知ったジー・ザイはシエ・ティンフォンらと協力してサプライズを準備する。

  • 第4話

    みごと文芸部の入部を勝ち取ったシャオ・ニエンはプレゼントの一件以来、リン・シャオによそよそしい態度を取ってしまう。お互い胸のうちにもやもやした思いを抱え、眠れずに廊下を出るとバッタリシャオ・ニエンと顔を合わせる。人形を介して会話し、2人は誤解やすれ違いを解消する。文芸部の新入生たちは歌唱コンクールが開催されることを知らされる。シャオ・ニエンは前日リン・シャオにペアを組もうと誘っていたが…

  • 第5話

    リン・シャオはシャオ・ニエンから歌唱コンコール本選のペアに誘われるが、シャオ・ニエンの強引な誘い方に戸惑う。寮では、ジー・ザイがジャン・ヤンの不在中に勝手に服を借り、その様子をテレビ電話越しに見ていたジャン・ヤンの彼女であるチン・ウェンに見られてしまう。後日、寮に来たチン・ウェンにジー・ザイはあることを頼まれる。寮生たちは休暇で各々家へ帰るが、シャオ・ニエンは貴重品をバスの中に忘れてしまい…

  • 第6話

    シャオ・ニエンがお土産を持ってリン・シャオを訪ねてきた。礼儀正しいシャオ・ニエンにリン・シャオの母親はすっかり気をよくして食事の支度まで始めるが、リン・シャオの家庭環境が冷たい様子をシャオ・ニエンは感じ取る。翌朝、リン・シャオが用意した朝食を食べると、シャオ・ニエンは過去の夢について語った。夕方、リン・シャオの祖母に呼ばれ家に行くと、リン・シャオの祖母と伯父がシャオ・ニエンを歓迎する。

  • 第7話

    翌朝、公園で目を覚ましたシャオ・ニエンは、公園のテントで一緒に寝ていたはずのリン・シャオがいないことに気付く。置いていかれたことに気付いたシャオ・ニエンが腹を立てながら家に戻ると、家ではリン・シャオが熱を出して寝ていた。リン・シャオの看病をしていたシャオ・ニエンが買い出しに行っている間に、リン・シャオはパソコンでシャオ・ニエンがティエンシンという女性と親しげにチャットをしている画面を見てしまう。

  • 第8話

    電話で呼びだされたシャオ・ニエンがリン・シャオの祖母の家に行くと、サプライズでシャオ・ニエンの誕生日を祝うため、リン・シャオとシエ・ティンフォンが待ち構えていた。一方、ジャン・ヤンはチン・ウェンと友達カップルで食事をしたが、スマートな立ち居振る舞いをする2人の前で、チン・ウェンに恥をかかせ怒らせてしまう。休暇が終わり、寮に戻ったリン・シャオらは歌唱コンクールに向けて準備を進めていく。

  • 第9話

    歌唱コンクールで学内の人気者になったリン・シャオとシャオ・ニエンペアだったが、注目されたくないリン・シャオはシャオ・ニエンに対してそっけない態度を取ってしまう。シエ・ティンフォンはペアを組んでいる先輩のディン・タンから告白される。しかし、ウー・ミンハオに密かに思いを寄せているシエ・ティンフォンは曖昧な返事をする。決勝大会当日、優勝を狙うディン・タンはリン・シャオの楽曲の伴奏音源をわざと削除する。

  • 第10話

    ウー・ミンハオと2人で当直をすることになったシエ・ティンフォンは場を和ますために披露したトランプマジックは失敗し、頑張り過ぎたメイクは不自然なことに気付いて落ち込んでしまう。別の日、文芸部のメンバーはジー・ザイやジャン・ヤン、スー・ジンジンらも一緒に養護施設を訪問する。子供たちの遊び相手をする中で、シャオ・ニエンは友達と遊ばず一人で過ごす男の子・ニウニウがいることに気付き、話しかける。

  • 第11話

    ゲームで誰かにキスをすることになったシャオ・ニエンはシエ・ティンフォンに一策を講じる。ある日、シャオ・ニエンが子猫を拾ってくる。しかし同室のジャン・ヤンが猫が苦手なため、リン・シャオたちの部屋で飼うことになる。子猫に会いにシャオ・ニエンが部屋を訪ねると、リン・シャオは交換留学のレポートを読んでいた。日本の大学を目指していることをリン・シャオから聞き、まだ進路を決められずにいたシャオ・ニエンは複雑な気持ちになる。

  • 第12話

    夢の中でうなされている様子のリン・シャオを心配しながらも、シャオ・ニエンはいつも通り明るくふるまう。一方、シエ・ティンフォンが朝目覚めると隣でジャン・ヤンが寝ていて驚く。昨晩何があったのか分からず混乱するシエ・ティンフォンにディン・タンは、自分も一晩ずっとそばについていたと説明される。ほっとしたシエ・ティンフォンだったが、ウー・ミンハオと教師のワン先生が親しげな様子で歩いている姿を見かけてしまう。

  • 第13話

    シャオ・ニエンは傷つきやすいリン・シャオの性格を理解していたため、グアン・クオからの誘いのことを言えなかった。シャオ・ニエンがグアン・クオと出演しなかったことを知り、リン・シャオは誤解を謝り、2人はまた絆を深める。冬休みに入り、実家で過ごしているリン・シャオにシャオ・ニエンから、武漢が大雪で家族と合流できず、春節を1人で過ごすことになりそうだと電話が入る。リン・シャオの祖母はシャオ・ニエンに瀋陽に来るように言うが…

  • 第14話

    冬休みが終わり、新学期が始まった。シエ・ティンフォンはディン・タンに実は地元に彼女がいたことを知り、いら立っていた。その日、日本で休暇を過ごしたワン先生が学生らに買ったお土産を取りにシエ・ティンフォンが教務室へ行くと、ウー・ミンハオとワン先生のツーショット写真を見つける。職員の話からウー・ミンハオとワン先生が親子だと聞いたシエ・ティンフォンは再びウー・ミンハオへの想いを募らせる。

  • 第15話

    シエ・ティンフォンの母親と叔母が突然青島にやってきた。ちょうど駅にいたウー・ミンハオがシエ・ティンフォンの彼氏のふりをして、車で迎えに行き、4人で食事をする。今回、母親たちが青島に来たのは、金持ちだというティンフォンの彼氏に、兄の就職先の世話を頼むためだった。これまでも体が弱い兄のため、幾度となく我慢してきたシエ・ティンフォンだったが母親たちが自分に会うために訪れたわけではないと知り傷つく。

  • 第16話

    リン・ユーアルの誕生日を祝うためレストランに集まったジー・ザイらが携帯を開くと、四川大地震のニュースが飛び込んできた。リン・ユーアルは四川の実家に電話をかけるが、なかなかつながらない。やっと電話がつながるも、母は最期の言葉を残し、電話は切れてしまう… 再び夏が訪れ、北京五輪の開会式に参加するウー・ミンハオを見るため、リン・シャオらはテレビの前に勢ぞろいするが運悪く停電になってしまう。

  • 第17話

    夏休みが終わり、新学期が始まった。新しいルームメイトがシエ・ティンフォンらの部屋にやって来るが、早くもスー・ジンジンとは険悪な様子。一方リン・ユーアルはフォン・レイとの交際が順調そうで、シエ・ティンフォンの恋の良きアドバイザーだ。リン・シャオは一緒に留学するつもりのシャオ・ニエンの成績が思わしくないことを気にしていた。試験勉強のため文芸部を辞めるというリン・シャオにシャオ・ニエンも一緒に辞める事を決意する。

  • 第18話

    文芸部の部長選考会が始まった。自信満々のディン・タンも候補者の一人だったが、結果、シエ・ティンフォンが副部長に、部長には、ウー・ミンハオが選ばれる。シャオ・ニエンはリン・シャオにグアン・クオから学生会に入って大学選抜のコンテストに出るようすすめられ、リン・シャオと二人で出場したいという気持ちを伝えるが、不機嫌なリン・シャオは全く応じない。翌日、シャオ・ニエンはグアン・クオに辞退の意向を伝える。

  • 第19話

    祖父が入院したという知らせを受け、シャオ・ニエンは病院に駆けつける。そこでリン・シャオは高校の同級生、マー・ジーシュエンに偶然会う。マー・ジーシュエンから高校時代、リン・シャオにはシャオ・ニエンに似た親友がいたが、ある日を境にその友人トラブルになり、このことがリン・シャオのトラウマになっているかもしれないことを聞く。翌日、祖母の姿が見えなくなり、憔悴しきっていたシャオ・ニエンのもとにリン・シャオが現れる。

  • 第20話

    放課後、リン・シャオとシャオ・ニエンが夕日を見ながらコンテストの出場について話していると、リン・シャオの叔父から電話がかかってきた。リン・シャオの父親が祖母の家を借金の抵当にしたため、差し押さえられて退去しなければならなくなったと聞かされる。シャオ・ニエンは手助けすることを約束する。シャオ・ニエンの事情を知ったリン・シャオは歌唱コンテストの賞金が1万元だったことを思い出し、出場を決める。

  • 第21話

    歌唱コンテストのメンバーとそれぞれの担当が決まり、ステージ用の衣装を合わせたところでウー・ミンハオの元に電話がかかってくる。ジャン・ナンが以前大学の事務所の窓ガラスを割ったため、今回のコンテストには出場できないという。一緒に歌えないなら出ないというメンバーにジャン・ナンは他を探して出場するように言う。ジャン・ナンの代わりにシュエ・トンが加入し、ジャン・ナンが創ったオリジナル曲はシエ・ティンフォンに託された。

  • 第22話

    シャオ・ニエンから「祖父が手術を受けるため武漢に戻る」とリン・シャオは連絡を受ける。シャオ・ニエン不在の文芸部では重たい空気が流れていた。シャオ・ニエンの中高時代の不祥事を理由に、コンテスト出場の辞退を迫る脅迫メールが届いたのだ。メンバー全員での出場辞退を決めるがシャオ・ニエン本人の気持ちを聞けないまま悶々と過ごしていると、グアン・クオのもとにシャオ・ニエンから直接辞退の連絡があったと知らされる。

  • 第23話

    リン・シャオは養護施設で出会ったニウニウとペアを組み、コンテストで自作曲を披露する。テレビに映ったその姿をシャオ・ニエンは目に涙を浮かべ見つめていた。二か月後、リン・シャオとウー・ミンハオは、コンテストの成功を祝うため、学生会のメンバーに食事に誘われる。その席に、誰にも知らせずアメリカに渡っていたシャオ・ニエンが現れる。何も話してくれないシャオ・ニエンへの複雑な気持ちを抑え、平常心を装うリン・シャオだが…

  • 第24話 (最終話)

    シャオ・ニエンは誰にも別れを告げずに去った。時を同じくして、シャオ・ニエンとリン・シャオの猫が死んでしまい、リン・シャオはこれまでのシャオ・ニエンとの日々を思い出し涙を流した…クリスマスの夜、好きな人に告白する女の子の姿を見たシエ・ティンフォンは、編んでいたマフラーを持ち、勇気をふりしぼり、ウー・ミンハオに思いを告げる。時は流れ、リン・シャオらはそれぞれの道へと歩きだしていた。

作品詳細

2007年青島。新年度を控えた8月31日、一足早くリン・シャオは青島外国語学院の寮にたどり着く。電気も通らない静けさ漂う寮で一夜を明かしたリン・シャオ。誰もいないと思われた寮だが、別の部屋には同じくひっそりと一夜を過ごす同級生のシャオ・ニエンがいた。翌日、新入生が次々に入寮してくる。ルームメイトのジー・ザイ、男顔負けの豪快さをもつアネゴ肌のシエ・ティンフォンらと賑やかなキャンパスライフをスタートさせる。ある時、邵年はリン・シャオの部屋で、大ファンである芸能人とリン・シャオが一緒に写っている写真を見つけ、携帯で写真を撮り待ち受けに設定する。きっかけは、その芸能人とつながりたい気持ちだったがシャオ・ニエンはリン・シャオとの距離を縮めていく。同じサークルで活動し、接点を多くもつうち、内面に抱えた孤独、人知れず背負っている責任、将来の夢などお互いを知っていく。いつしかかけがえのない存在となり、衝突を重ねながらも友情を育んでいく。

キャスト

シュー・シンチー チェン・ムー ワン・ユエイー ワン・イージュン

スタッフ

[監督]リー・ポーロン

関連キーワード

アジア作品
(C) Bilibili