新作 無料あり
うちの師匠はしっぽがない
うちの師匠はしっぽがない
0ポイント~

うちの師匠はしっぽがない

大正落語ファンタジーここに開演!

毎週月曜日12:00より最新話見逃し配信中!

2022年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 私、落語家になるっ!

    時は大正時代。いつか人間を化かしてみたいと夢見る豆狸少女のまめだは長老の使いで大都会・大阪へ。そこで人を化かそうとするが失敗ばかりするまめだは、ある日落語家と名乗る黒髪美女の大黒亭文狐と出会い落語の世界に触れる。話術だけで人を化かすことができる落語に興味をもったまめだはある決断を下す。

  • 第2話 ウチの芸、盗めるもんなら盗んでみ

    文狐に弟子入りすることを決断したまめだ。早速文狐のもとへ弟子入りを志願するも断られてしまう。諦めきれないまめだは文狐の自宅を訪れ、忘れ物の扇子を見つける。大事な仕事道具を届ければ弟子にしてもらえるに違いないと届けに行くのだが邪魔が入り……。果たしてまめだは無事弟子になれるのか!?

  • 第3話 よう仕事見とき

    念願の弟子入りを果たしたまめだ。落語漬けの日々を送れると思っていたまめだに訪れたのは掃除洗濯炊事の家事の日々だった。落語が見たいと駄々をこねるまめだに文狐は馴染みの寄席『春来亭』へ連れていくことに。癖の強い春来亭の面々と顔合わせしたまめだはそのまま春来亭の手伝いをすることになり……。

  • 第4話 見せん下手くそより、見せる下手くそや

    大阪弁のリズムを身に着けるため、ざこばの朝一に行くよう文狐に命じられたまめだ。そこで前座を務める椿しららと出会う。初めはいがみ合うも二人は次第に意気投合していく。しかし、突如現れた黒駒一家のらくだにしららは連れ去らわれてしまう。まめだは周りの制止を振り切り、しららを連れ戻すため飛び出していく!

  • 第5話 メジロ、ハマチ、ブリ

    狸だとバレたら破門と文狐にきつく言われているまめだ。しかし、小糸には初めからバレていた。ある日、文狐と共演する演目直前に小糸の三味線が壊れてしまう。予備の三味線もない状況のなか、まめだは小糸のために変化で三味線に化けることに。果たしてまめだは観客と文狐にバレずに、小糸は難しい演目を乗り切れるのか。

  • 第6話 客は食い物!

    ついに前座の話がやって来たまめだ。初舞台はしららが中座のお披露目にもなる天神祭。稽古の成果を見せるときと自信満々なまめだ。しかし、初舞台の重圧にまめだは人の視線が気になりうまく落語ができなくなってしまう。何とか克服しようと春来亭の面々に相談するも中々改善しないまめだは、意外な人物のもとを訪れる。

  • 第7話 はじめの一歩は転んでなんぼ

    まめだの初舞台、しららの初お披露目の天神祭がやってきた。初めての祭りに興味津々なまめだ。その時、神輿の中から天神様が飛び出してきた。途端に暗雲が立ち込め始める大阪の街。このままでは天神祭が中止になってしまう。まめだは天神様を連れ帰り、無事初舞台を成功させることができるのか。

  • 第8話 正気やったら芸人やってへんねん

    ある日、まめだは行き倒れを見つける。その人こそしららの師匠、椿白團治だった。方々に借金がある白團治は返済のため、らくだに連行されそうになる。このままでは、しららはようやく会えた師匠とまた離れ離れになってしまう。咄嗟にまめだは借金の肩代わりを約束するが、当然返す当てもなく……。

  • 第9話 師匠じゃなきゃ意味ないんだ

    まめだは突然文狐から破門にされ、家を追い出されてしまう。事の発端は上方落語四天王が一堂に集まる会合でのこと。文狐が弟子を取らないのは先代との約束だった。先代を裏切るなら今後二人の落語活動を妨害するという圓紫。そこへ白團治が間に入り、まめだにある試練を与えようということになり……。

  • 第10話 何でアテはあかんのか

    無事白團治の試練に合格したまめだ。次の試練の相手は「完全な話芸」と称される霧の圓紫。圓紫の試練内容は前座噺の寿限無を一週間で覚えるというものだった。拍子抜けしたまめだに圓紫は続ける、寿限無を十分十五秒でやるので同じ時間で一言一句間違えるな、と。はたしてまめだは圓紫の試練を乗り越えられるのか。

作品詳細

いつか人間を化かしてみたいと夢見て、大都会・大阪へ飛び出してきた豆狸の女の子・まめだ。 しかし、磨き上げた術はうまくいかず、挙句の果てには「落語家」と名乗る黒髪の美女に一目で見破られてしまう。美女の正体は人気落語家・大黒亭文狐。術ではなく芸で人を化かす文狐の落語に感動したまめだは、弟子入りを志願する―――!笑う門にはたぬきたる。大正上方落語ファンタジー、ここに開演!

スタッフ

[原作]TNSK[監督]山本秀世[シリーズ構成・脚本]待田堂子[脚本]下林渓/皐月彩/冨樫夕歩[キャラクターデザイン・総作画監督]山内遼[色彩設計]相田美里[撮影監督]石塚知義[美術監督]齋藤幸洋[編集]長谷川舞[プロップデザイン]三室健太[音響監督]納谷僚介[音響制作]スタジオマウス[音楽]矢鴇つかさ/原田篤/本多友紀[音楽制作]ポニーキャニオン[アニメーション制作]ライデンフィルム
(C)TNSK・講談社/春来亭活動写真部