新作 無料あり
待って、私の青春
待って、私の青春
0ポイント~

待って、私の青春

文学少女スー・ツァンツァンが音楽を通じて仲良くなった良き友達と共に過ごす青春時代の10年間を描く。

2019年 24話

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 これが君のタイツ?

    ママから無理やり穿かされたタイツを脱ごうとしていたツァンツァンはティエンイェに遭遇!大好きなジャザへの想いもことごとくティエンイェに邪魔され、二人の関係は更に悪化!ジャザとはやっと同じクラスになれたのに、ティエンイェも同じクラスで…

  • 第2話 ルールを決めよう

    同じクラスどころか席まで隣同士のツァンツァンとティエンイェの仲は悪くなるばかり。一方、ツァンツァンのいとこのヤーティンはチェロの練習中に新任の音楽教師ヂョウと出逢う。ツァンツァンは親友のメイリーと、ジャザのいる放送部に応募するが…

  • 第3話 それ欲しい!

    もう一度放送部に入るチャンスが与えられたツァンツァンは、ティエンイェと手を組み、二人とも無事に入部が決定する!同時に、学業においても理系が苦手なツァンツァンと文系に弱いティエンイェは互いに助け合い、二人の関係に変化が訪れる。

  • 第4話 バスケを教えて欲しいの

    ティエンイェは保護者会に親の代役を立てるが学校にバレてしまう。父親に罵倒された自分を庇ってくれたツァンツァンの態度に感動したティエンイェ。更に運動会で、自分のために奔走するツァンツァンの姿を見て、彼女に対する想いが変わっていく。

  • 第5話 お願いって意味

    ティエンイェによる猛特訓のおかげで、女子バスケの試合はツァンツァンのシュートで逆転勝ち!しかしその後、ティエンイェはツァンツァンの憧れの相手が自分はでなくジャザだということを知って不機嫌に。二人はそのまま進路希望を提出して…

  • 第6話 私たちきっと魔法が使えるよ

    文系に進み高二を迎えたツァンツァンは、ジャザがヤーティンと同じ理系のクラスだと知り、嫉妬のあまりヤーティンに関する噂を立ててしまう。ツァンツァンはティエンイエに自責の念を打ち明け間違いを認めるが、憧れのジャザとお喋りして上機嫌に…

  • 第7話 校歌でコラボ!

    ツァンツァンの誕生日、授業をサボって映画を観に行った5人は校長先生にばったり遭遇!ヂョウ先生が窮地を救うが、先生は退職して北京へ行くことに。皆は北京での先生との再会を約束する。ツァンツァンが手がけた校歌の作詞もついに完成!

  • 第8話 何で隠れた?

    高二が終わり夏休みに突入!店にCDを取りに来たティエンイェは、不良に絡まれたツァンツァンを救うが怪我を負う。ツァンツァンの部屋で手当を受けている最中にパパに見つかって…。高三の新学期、クラスにはピリピリした空気が。受験生の日々が始まる。

  • 第9話 月が綺麗ですね

    大学入試が終わった。ヤーティンは第二志望、他の4人は第一志望の大学に合格し、北京へ行くことに。卒業前にツァンツァンはジャザにラブレターを渡すが、返事は聞けずじまい。でも高校時代の最後にようやく、ジャザのことを「ザー」と呼ぶことができた。

  • 第10話 付き合ってるの?

    大学生活が始まった。ツァンツァンとジャザは同じ大学、ティエンイェもすぐ近くの大学へ。ルームメイト達から彼らとの関係を訊かれても“ただの同級生”と答えるツァンツァン。ヂョウ先生が忘れられないヤーティンは、先生と数年ぶりの再会を果たして…。

  • 第11話 愛とくしゃみは我慢できない

    ティエンイェはバンドを始め、ジャザとヤーティンもヂョウ先生率いる楽団に合格する。偶然にも、ツァンツァンのルームメイトがヂョウ先生の妹だと知って皆は大盛りあがり!相変わらずチャットに夢中のメリーちゃんには“謎”のチャット友達ができる。

  • 第12話 あったかいのが飲みたい

    メリーちゃんのチャット相手がティエンイェのルームメイトのシンイなんて…。でも二人はまだ互いに気づかない。ツァンツァンはジャザの優しさにふれるたび自分の気持ちを伝えようとするが、今までの関係が壊れるのを恐れて次の一歩が踏み出せないまま。

  • 第13話 友達の話だけど…

    大学生活を満喫中の皆はバーへライブを観にいく。ウェン・シンから「ツァンツァンはあんたのことが好き」とヒントをもらったティエンイェは勇気を出して彼女を追いかけ始めるが、親友で恋敵でもあるジャザとツァンツァンをめぐって火花を散らす。

  • 第14話 メイクは引き算なのよ

    ツァンツァンとメリーちゃんはメイクの研究に熱心。台湾公演から帰ってきたジャザは、大事な話があるとツァンツァンを自分の演奏会に誘うが、同じ日にティエンイェから誘われたコンサートの約束も重なってしまう。果たしてツァンツァンが向かった先は…?

  • 第15話 彼女を迎えに

    ツァンツァンが選んだのはティエンイェの方だった。二人は海辺で花火をして遊び、朝日に照らされながら二度目のキスを交わす。互いの気持ちを確かめ合い付き合い始めた二人だが、そのことを親友のメリーちゃんにも、ジャザにも話せないツァンツァン…

  • 第16話 あんたがシンシン?

    メイリーはヤーティンに、自分の代わりにネット友達のシンイに会ってほしいと頼むが断られる。互いの素性を知った二人は大喧嘩。ツァンツァンとティエンイェの関係がメイリーにバレる。ツァンツァンはようやくジャザが自分のことを好きだと気づく。

  • 第17話 ずっとそばにいてくれる?

    シンイは服が汚れてしまったメイリーに自分のジャケットを貸してやる。ティエンイェとツァンツァンは共に米国バークリー大学への留学を目指して勉強を始め、結果ティエンイェだけが合格する。シンイは勇気を出して大胆な方法でメイリーに告白する。

  • 第18話 海を隔てた遠距離恋愛

    ティエンイェの留学に向け、ツァンツァンはカップルでやりたい10のリストを実行にうつす。男子寮にしのびこんだツァンツァンは、シンイからメイリーとの仲を取り持つよう頼まれる。ティエンイェが米国へ発つ日が来た。二人は空港で別れを惜しみ合う。

  • 第19話 私たち別れましょ

    ティエンイェと離れた後、ツァンツァンは必死に勉強に励む。風邪をひき、大学の医務室で点滴を受けながらも勉強を続けるツァンツァンをジャザが見守る。しかし二度目の受験もまたもや不合格…思いつめたツァンツァンはティエンイェに別れを告げる。

  • 第20話 こうして、彼はゆっくりと私を忘れてゆく

    ついに卒業シーズン。思い出にひたるツァンツァンの前に、突然ティエンイェが現れる。米国での学生生活を放り出して戻ってきたのだ。戸惑いながらも、ツァンツァンは二人の関係が変わってしまったと言い、ティエンイェに米国へ戻るよう別れを告げる。

  • 第21話 試合に負けても勝負で勝て!

    ツァンツァンは雑誌社『MV』で働き始め、米国出張を命じられる。米国滞在中に偶然ティエンイェとすれ違うが、互いに気づかない。風邪をひいてしまうが仕事が忙しく、薬を買いにいく暇もないツァンツァンにジャザが風邪薬を届け、資料作成を手伝う。

  • 第22話 君のことが好きだ!

    ジャザがついにツァンツァンに告白!ツァンツァンの企画が通りDOSレコードとの提携が決まるが、責任者はなんとティエンイェ。それを知ったメイリーはジャザを選ぶようすすめる。そんな中、ツァンツァンとティエンイェはエレベーターに閉じ込められて…

  • 第23話 ほんとに好きなら待てるわよ

    足を捻挫したツァンツァンはティエンイェの家で手当を受ける。話し込むうちにツァンツァンはティエンイェがアメリカで孤独な生活を送っていたことを知る。互いに複雑な気持ちを抱きながらも、徹夜で作業してティエンイェがツァンツァンの窮地を救う。

  • 第24話 (最終話) あなたと私の夢のおと

    自分の気持ちに気づいたツァンツァンはティエンイェの元へ戻り、二人は『待って 私の青春』という曲を書きあげる。皆は高校時代に埋めたタイムカプセルを掘り起こし、青春に思いを馳せる。希望に満ちていた日々…思い出はキラキラと輝きを放つ。

作品詳細

恋や友情に泣き、笑い、瞬く間に過ぎ去った大事な思い出の日々を胸に、ツァンツァンは家族と友達に見守られながら、きらきらと輝く女性へと成長していく。

キャスト

リー・ジャーチー ヂャオ・イーチン

スタッフ

[監督]シェン・チンユェン

関連キーワード

アジア作品
(C)Jetsen Huashi Media US Co., Ltd.