新作
エルピスー希望、あるいは災いー
エルピスー希望、あるいは災いー
330ポイント~

エルピスー希望、あるいは災いー

彼らがパンドラの箱を開けたことでもたらされる混沌の先に残されているのは、希望か、それとも災いか――。

毎週金曜日12:00より最新話見逃し配信中!

2022年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 冤罪とバラエティ

    大洋テレビの浅川恵那(長澤まさみ)は、人気、実力ともに兼ね備えたアナウンサーだったが、週刊誌に路上キスを撮られて番組を降板。現在は、深夜の情報番組でコーナーMCを担当している。そんなある日、恵那は新米ディレクターの岸本拓朗(眞栄田郷敦)から、ある連続殺人事件の死刑囚が冤罪かもしれないと相談される。とある理由で報道、ましてや冤罪事件とは関わりたくない恵那の気持ちなどお構いなしに拓朗は、事件の真相を追うために力を貸してほしいと頭を下げる。拓朗がそこまで躍起になるのには、ある事情があって…。恵那は、すでに風化した事件を掘り起こすことは得策ではないと一蹴するが、拓朗は懲りずに、報道局のエース記者・斎藤正一(鈴木亮平)を頼る。そして、事件当時の話を一緒に聞きに行こうと無邪気に恵那を誘うが…。

  • 第2話 女子アナと死刑囚

    行方不明になっていた中学2年生の女子生徒が遺体で発見され、首にはかつての連続殺人事件の被害者と同じく絞められた痕があり、遺体発見現場も同じ山中。これは偶然か、それとも——。松本良夫死刑囚(片岡正二郎)の冤罪を訴えていた拓朗(眞栄田郷敦)の言葉に、わずかな可能性を見た恵那(長澤まさみ)は一人で事件を洗い直す。そして、検察側のある主張に違和感を覚える。一方、事の重大さに気づき、一度は手を引いた拓朗だったが、恵那が本格的に動き出したことを知り、自分も手伝いたいと申し出る。するとその矢先、担当弁護士の木村卓(六角精児)を通して面会を申し込んでいた松本死刑囚本人から、恵那宛てに手紙が届く。さらに、思いもよらない人物から1本の電話がかかってきて…。

  • 第3話 披露宴と墓参り

    恵那(長澤まさみ)は、一刻も早く松本良夫死刑囚(片岡正二郎)の冤罪を証明しなければと焦りを募らせる。そんななか、弁護士の木村(六角精児)から新聞記者の笹岡まゆみ(池津祥子)を紹介され、新聞社が保有する当時の事件資料を手に入れる。恵那は、早速、資料をもとに12年前に実際に取り調べを行った刑事に話を聞こうとするが、すでに退職して所在は不明だった。ところが、拓朗(眞栄田郷敦)が思わぬ方法で居場所を突き止め、恵那は松本の自供を引き出したとされる山下守元警部にインタビューを敢行。核心をつく質問に、どこか歯切れの悪い返答をする山下の様子を見て、恵那は当時の取り調べに、ある疑念を抱く。そして、撮影した映像を拓朗と編集していると、編集室のドア越しに、斎藤(鈴木亮平)が中の様子をうかがっていて…。

  • 第4話 視聴率と再審請求

    恵那(長澤まさみ)の画策により、被害者遺族ら事件関係者にインタビューした映像が『フライデーボンボン』で放送された。拓朗(眞栄田郷敦)すら知らなかった恵那の“奇襲”に、村井(岡部たかし)たちスタッフはぼうぜん。オンエア後、放送不適切と判断されたVTRを独断で流した恵那は、名越(近藤公園)から厳しい叱責を受ける。一方で、特集への反響は想像以上に大きなものとなっていく…。恵那たちが次に着目したのは、犯人逮捕の決め手にもなった重大な目撃証言。目撃者の西澤正は恵那らが申し込んだ取材にはかたくなに応じようとせず、拓朗は西澤の言葉にどこかうさんくささを感じる。そんな矢先、恵那は弁護士の木村(六角精児)から、松本死刑囚(片岡正二郎)に関する衝撃の事実を聞かされる。

  • 第5話 流星群とダイアモンド

    特集の続編を制作することを禁じられた恵那(長澤まさみ)は、制作中止の理由も問わぬまま、上層部の決定を静かに受け入れる。だが、世間の反響が大きく視聴率も良かっただけに、拓朗(眞栄田郷敦)はどうしても納得できない。行き場のない正義感をまとった拓朗は、単独で、事件の目撃証言をした西澤(世志男)の身辺を調べ始める。すると、西澤がかつて、事件のあった八頭尾山のふもとの町に住んでいたことが判明。さらに現地で聞き込みを続けると、西澤の新たな顔が浮かび上がってくる。一方の恵那は、元恋人の斎藤(鈴木亮平)と再び良好な関係を築き始めていた。その矢先、同期で報道部の滝川雄大(三浦貴大)から、斎藤が警察に多大な影響力を持つ、とある大物政治家と親密な関係であることを聞かされて…。

  • 第6話 退職届と異動辞令

    逮捕の決め手となった目撃証言が覆されたことで再審は現実味を帯び、恵那(長澤まさみ)は再び奮い立つ。さらに、この事実に、かつて報道局に在籍していた村井(岡部たかし)の魂に火がつき、『フライデーボンボン』で大々的に報じると宣言する。オンエア後、日本の司法を揺るがす新事実に世間の反応はすさまじく、あらゆるメディアが動き出す。さらに、恵那たちの考えがいかに甘かったかを思い知らされる、取り返しのつかない事態が起きてしまう。そして、この大事な局面に、恵那が『ニュース8』に“事件を追っていた記者”として出演することが決まる。本来なら古巣への凱旋出演を喜ぶところだが、恵那の中には、斎藤(鈴木亮平)が副総理大臣の大門(山路和弘)とつながっていると知ったときから、ある疑念が…。

作品詳細

スキャンダルによって落ち目となったアナウンサーと、バラエティー番組の若手ディレクターらが、10代の女性が連続して殺害された事件の冤罪疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描く、社会派エンターテインメント!

スタッフ

[脚本]渡辺あや[音楽]大友良英[主題歌]Mirage Collective[プロデューサー]佐野亜裕美/稲垣護[監督]大根仁/下田彦太/二宮孝平/北野隆[制作協力]ギークピクチュアズ/ギークサイト[制作著作]カンテレ

関連キーワード

見逃しドラマ
(C)カンテレ