クランクイン!ビデオ クランクイン!ビデオ

無料あり
若様、それでも私をお気に召す
若様、それでも私をお気に召す
0ポイント~

若様、それでも私をお気に召す

兄妹契約は、恋のはじまり!?おちゃめな切れ者女子と、クールな毒舌若様が恋に落ちる!?2023年最高にキュートなカップルが誕生!選ぶのは、兄か?弟か?タイプ違いのイケメンにドキドキ必至!

2020年 21話

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 若様との出会い

    両親を亡くし花売りで生計を立てている蘇小晩(そしょうばん)は、足の病を患う弟の蘇小安(そしょうあん)のため、天下一医院を訪れる。診察の予約札を手に入れようと仮病を使い、顧家の若様である顧言夕(こげんせき)にそのことを見破られるが、何とか弟を診てもらう。その後、小晩は弟の治療費を稼ぐために顧家の侍女として働くことにするが、言夕は小晩を追い出そうとする。

  • 第2話 意外な一面

    言夕の世話係になったことで他の侍女たちから妬まれる小晩。しかし持ち前の話術で納得させ、言夕の不憫な身の上話を聞く。その後、小晩は言夕に優しく接するが、言夕は相変わらず厳しい。そんな中、小晩は顧家に盗みに入ろうとした悪党に追い詰められてしまう。通りかかった言夕が小晩を助けるが、更に大人数の敵が現れ…。

  • 第3話 高鳴る胸

    小晩は幼い頃に出会った“葉(よう)兄さん”かもしれない青年・顧子謙(こしけん)と食事の約束をする。だが約束の日に言夕に寺への同行を求められ、一緒に行くことに。その帰り道、この前の悪党が再び現れ、言夕と小晩は逃げる途中で穴に落ちてしまう。何とか穴から抜け出すも、辺りは真っ暗に。2人は夫婦と偽り、近くの村で一晩を過ごすことにする。

  • 第4話 温かい手

    夜市から戻った小晩は子謙を逃がそうとして言夕を池に落としてしまう。そのことを知り怒った侍女たちは、小晩を廃屋に閉じ込める。だが小晩が閉じ込められたことを知った言夕が、すぐさま救出に向かう。暗がりの中、おびえる小晩の手を握り出口を探す言夕。小晩はこれまでも困った時には言夕が守ってくれたことを思い出す。

  • 第5話 脱出作戦

    幼い頃の記憶が戻った言夕は、母親の死と妹の失踪の真相を探るため当時の使用人を捜し始める。そんな中、顧家の後妻で子謙の実母である如(じょ)夫人が帰ってくる。如夫人は蹴球の試合に出ようとする子謙を閉じ込めるが、それを知った小晩は子謙を侍女に変装させ脱出を助ける。そのせいで小晩が罰を受けそうになるが、そこに言夕が現れて…。

  • 第6話 桃の花のアザ

    如夫人の罰から小晩を守るため、小晩が行方不明の妹・婉児(えんじ)であると大勢の前で告げた言夕。それを聞いた如夫人は婉児が偽者だと疑い、腕にある桃の花のアザを確かめようとする。言夕は機転を利かせ、事前に小晩の腕にアザを描くが、疑い深い如夫人は皆を温泉に誘う。小晩はアザを落とそうと策を講じる如夫人に追い詰められ…。

  • 第7話 祭りの夜

    言夕の幼なじみ・程千語(ていせんご)がやってくるという話で屋敷は盛り上がっていた。そんな状況に落ち込む小晩は言夕から妹だと言われ、更に気が沈む。一方、子謙は仲間に押されて小晩を灯籠祭りに誘い、小晩はそれを快諾する。そんな2人を見ていた言夕は偶然を装い話しかけ、自分も一緒に行くと言う。そうして3人で祭りに行くことになり…。

  • 第8話 恋の苦しみ

    小晩は容姿端麗で性格のいいお嬢様の千語と自分を比べて落ち込む。千語は言夕を外出に誘うが、鳳冠作りを理由に言夕は誘いを断る。しかし、言夕と千語の結婚に乗り気な言夕の祖母は、2人で出かけるよう言夕を説得する。そんな2人の様子が気になってしかたがない小晩は、千語に一目惚れした医師の茹英(じょえい)と共に2人を尾行する。

  • 第9話 秘めた思い

    流星雨が見られる夜、橋の上で空を眺める言夕と小晩。小晩は秘めていた思いを言夕に伝える。屋敷に戻った小晩は、待ち構えていた言夕の祖母と如夫人に外出禁止の言いつけを破ったことを叱られ、花嫁学校に送られることに。学校へと向かう道中で10年前に婉児を襲った馬小六(ばしょうろく)が現れる。身の危険を感じた小晩は必死で逃げるが…。

  • 第10話 私のそばに

    言夕から離れるため弟と2人で郊外の村に行った小晩。だが、小晩を連れ戻しに来た言夕に小晩は心が揺れる。言夕は高熱を出した小晩のため、雨の中、薬の材料を調達しに行く。翌日、小安は言夕に姉を託し、医院へと戻る。そして、言夕は小晩に婉児のふりをさせていた理由を話し、誤解を解く。今後の選択を委ねられた小晩は…。

  • 第11話 君とのロマンス

    言夕は帳簿から母の死に如夫人が関与していると確信し、調査を進める。千語は言夕との縁談を期待する母からの手紙に、どうにもならないもどかしさを感じていた。一方、子謙は妓楼に売られそうになり逃げてきた少女・小桜(しょうおう)の世話をする。子謙は街に出る小晩の姿を見つけてひそかに追いかけるが、届かない思いに心を痛める。

  • 第12話 あの日の真実

    言夕たちの策により、10年前の罪を自白した如夫人。母の死を自分のせいだと責める言夕を小晩は慰める。子謙は幽閉された如夫人のもとを訪れ、顧家を去ると告げる。生きる目的を失った如夫人は言夕が作った鳳冠を壊し、壊れた鳳冠を見た祖母はショックで倒れてしまう。納期に間に合わせるため、言夕は急いで鳳冠を作り直す。

  • 第13話 鳳冠騒動

    小桜の言葉を聞いて顧家に戻った子謙。言夕と話をし、兄の力になると決意する。言夕は鳳冠の納期を延ばしてもらうため郡王の屋敷を訪ねるが、会ってもらえない。また、鳳冠の件を知った商人たちが、縁起が悪いという理由で顧家の宝飾品を返品したいと申し出てくる。そんな中、千語の世話係が訪れ、程家が顧家に助け船を出すと言うが…。

  • 第14話 木に託した願い

    言夕と小晩の関係を知るが、言夕を諦めきれない千語。そんな彼女を心配する茹英は千語に安眠の香袋を贈る。一方、言夕と小晩は再び郡王のもとを訪れる。聞く耳を持たない郡王だったが、小晩の話術と言夕の才能により鳳冠の納期を延ばしてもらうことに成功する。その夜、2人は願いをかなえてくれるという月老廟を訪れる。

  • 第15話 望まない結婚

    千語は横暴な郡王の息子から側室になるよう迫られる。言夕は千語に仕える柳(りゅう)ばあやから千語を妻にするよう懇願される。翌日、言夕は郡王に会いに行くも遠方に出かけたばかりだった。事情を知った言夕の祖母からも結婚するようにと言われるが、言夕の気持ちは揺るがない。そんな中、一連の話を聞いた茹英は千語に思いを伝える。

  • 第16話 私の妻

    言夕と千語の結婚式が挙げられ、屋敷はお祝いムードに。言夕の姿を見て複雑な心境を隠せない小晩。そんな小晩を見た子謙は彼女を連れ出して、2人は川遊びを楽しむ。その夜、言夕は千語と寝室で2人きりになる。小晩は侍女たちが2人の話をしているのを聞き、胸を痛める。そんな小晩のもとに酔った言夕が突然やってきて…。

  • 第17話 思わぬ出来事

    夜中に顧家の宝飾品が盗まれ、小晩がいなくなるという事件が起きる。言夕のもとに小晩のかんざしを持った男が現れ、言夕は男についていく。するとそこには捕らえられた小晩がいた。彼女を守るため、悪党に殴られて意識を失った言夕。屋敷に戻ってからも言夕の意識は戻らず、小晩は疲れて眠り続ける。そして目を覚ました時には…。

  • 第18話 真実を求める心

    小晩は言夕が千語と夜を過ごすのを防ぐため、ボヤを出して言夕の祖母に叱られる。殴られた衝撃で小晩との記憶を失った言夕だが、妹としての小晩を気にかける。翌日、小晩は言夕を月老廟に呼び出し、言夕が忘れている過去を話す。そこに千語が現れ、混乱した言夕は倒れてしまう。事情を聞いた祖母に、柳ばあやは小晩の正体を暴露する。

  • 第19話 新しい人生

    顧家を去って3年後、小晩は宝飾品を売って生活していた。言夕は小晩を捜していたが、なかなか見つからない。そんな中、小晩が悪党から逃れるために隠れた占いの館で2人は偶然再会する。だが、小晩は言夕に気づかず、言夕は小晩の姿を見失ってしまう。小晩は子謙に助けられ、一緒に家に帰ると誕生日のごちそうが用意されていた。

  • 第20話 天が定めた相手

    子謙の恋人になった小晩を諦めきれない言夕。腕が痛むと嘘をついて小晩の気を引こうとする。だが、小晩の気持ちは長い間そばで支えてくれた子謙に向いていた。そんな中、言夕の世話係の元鶴(げんかく)は子謙を遠ざけて、言夕と小晩を仲直りさせようとする。小晩は子謙に会いに行くが、そこで待っていたのは言夕だった。言夕を見た小晩は…。

  • 第21話 (最終話) 灯籠に願いを

    千語の話を聞き、言夕のもとに向かう小晩。言夕は願いを書いた灯籠を手に、橋の上で小晩を待っていた。そして、言夕は小晩に3年分の思いを伝える。その2人の姿を遠くから見守る千語や子謙。そうして、小晩が久しぶりに顧家へ戻ると、言夕の祖母や本物の婉児が小晩を出迎えるのだった。多くの出来事を乗り越えた言夕と小晩の結末は…。

作品詳細

花売りをしている蘇小晩(そしょうばん)は、足の悪い弟を都一の名医に診てもらおうと一芝居打つのだが、とある若者に咎められてしまう。しかし、そんなことではめげない蘇小晩は、今度は宝飾店の名家、顧(こ)家の侍女となり、治療費を稼ごうとする。ところが、顧家の若き当主、顧言夕(こげんせき)は、蘇小晩のウソを見破ったあの若者だった。顧言夕に追い出されそうになる蘇小晩だったが、顧言夕の祖母が蘇小晩を行方不明になっている顧言夕の妹・顧婉児(こえんじ)だと思い込んでしまう。祖母の前でうまく妹を演じきった蘇小晩と、孫娘が戻ったと喜ぶ祖母の姿を見て、顧言夕は蘇小晩を顧家に置くことに。そんな中、蘇小晩は顧家の屋敷の中で、もうひとりの若者と出会う。顧家の書生だというその若者は、蘇小晩が幼い頃に結婚を約束した“葉兄さん”と同じ玉佩(ぎょくはい)を持っていた。

キャスト

ヤン・ジーウェン イエ・ションジア チャオ・ティエンユー ユー・シューシン リウ・ルンナン

スタッフ

[監督]ダイ・ルー

関連キーワード

アジア作品
(C)China Huace Film & TV Co., Ltd./(C)Shanghai Tencent Penguin Film Culture Communication Co., Ltd