X-ファイル シーズン9
X-ファイル シーズン9
165ポイント~

X-ファイル シーズン9

大人気シリーズ、ついに完結!9年間におよぶドラマの最終章…果たしてすべての事件は解決できるのか!?感動のシーズン9!

2001年 20話

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 リターン・トゥ・ウォーター part1

    水道局の水を調べていたFBI捜査官が変死。調査に向かったドゲットは、水中でも無呼吸で動き回れる女性に遭遇する。

  • 第2話 リターン・トゥ・ウォーター part2

    女性はドゲットの戦友で、政府の極秘実験で作られたスーパー・ソルジャーだと言う。2人は証拠を求めて軍の特殊船へ。

  • 第3話 ダイモニカス

    老夫婦殺害犯は精神病院の脱走患者か。2人はその病院で、元歴史宗教学の大学教授だった患者コボルトに出会う。

  • 第4話 4-D

    パラレル・ワールドを自由に行き来する連続殺人犯ルケシュ。ドゲットは彼に植物人間にされ、レイエスはある決意をする。

  • 第5話 蠅の王

    頭部陥没で変死した高校生の脳は蠅の幼虫に喰われていた。スカリーは蠅が反応する特殊なフェロモンが原因だと推理。

  • 第6話 トラスト・ノー・ワン

    スーパー・ソルジャー情報の提供を申し出る人物が出現、モルダーとの接触を要求するが、スカリーは監視されていた。

  • 第7話 ジョン・ドー

    メキシコで目覚めたドゲットはすべての記憶を失っていて、麻薬組織に雇われる。彼の記憶喪失はある人物の仕業だった。

  • 第8話 境界

    生きながら皮を剥がされる悪夢に悩む男が夢通りの状態で変死。彼に話を聞いた友人は同じ症状に悩むようになる。

  • 第9話 神託 Part1

    スカリーは不法入国者がもっていた書類からUFO発見の手掛かりを追う。息子ウィリアムを誘拐しようとする陰謀が。

  • 第10話 神託 Part2

    ウィリアムを誘拐したカルト教団は、地底に埋もれていたUFOを発掘中だった。彼らはウィリアムを神の子だと言うが。

  • 第11話 オードリー

    交通事故に遭ったレイエスは、二度と意識が戻らないと診断される。臨死状態をさまよう彼女の意識はある陰謀に気づく。

  • 第12話 化体

    かつてドゲットが逮捕した殺人犯がDNA鑑定の結果、無罪になるが彼の周囲で怪現象が。レイエスは化体現象だとにらむ。

  • 第13話 数秘術

    数秘術を使った連続殺人事件が発生。犯人は悪魔の数字6に執着する男で、次の殺害相手にスカリーとレイエスを選ぶ。

  • 第14話 モンスター

    8歳のトミーの母はナイフで16回も刺して自殺。トミーは、母を殺したのはモンスターで、父はそれを知っているという。

  • 第15話 英雄に捧ぐ

    大学教授が臓器をえぐられて死亡。ローンガンメン3人は事件の背後のバイオ・テロを察知し、その阻止を試みる。

  • 第16話 ウィリアム

    FBIに火傷で容貌が崩れた男が侵入、拘束されるが、正体を明かさない。ドゲットは男がモルダーではないかと疑うが。

  • 第17話 解放

    FBIアカデミーのスカリーの生徒、ヘイズがドゲットの息子殺害事件の犯人を推理。ドゲットはついに事件の真相に迫る。

  • 第18話 サンシャイン・デイズ

    地上にいた若者が空から落下して地面に激突したような状態で殺される。スカリーらは超能力者の仕業ではないかと推理。

  • 第19話 真実 Part 1

    モルダーが殺人の現行犯で逮捕され、スカリーが面会するが、モルダーはまるで別人のようになっていた。

  • 第20話 (最終話) 真実 Part 2

    モルダーの軍事裁判が始まる。スカリーたちは彼を軍部の手から奪回しようとするが、政府は彼の処刑を望んでいた。

作品詳細

シーズン9がシリーズ最後となることを承知のファンは、これで最終章となる「説明のつかない謎」「政府の陰謀」「エイリアンとの遭遇」を寸分たりとも見逃すまいと、テレビの前に釘付けとなった!

だが、これらおなじみの設定に加え、このファイナル・シーズンには新たな要素も加わった。シングルマザーとなって苦闘するスカリーの姿と、ほとんどの事件が未解決に終わらざるを得ない謎多きX-ファイル事件を直に体験していくドゲットとレイエス捜査官の姿である。2時間の拡大特別版フィナーレでは、シリーズ9年間の歴史に息吹を吹き込んでくれた魅力的なキャラクター達へのトリビュートとして、ファンに根強い人気を誇るキャラクター達が総勢で登場した。そして、真実を追い求める気持ちを改めてファンに思い起こさせるラストシーンは、シリーズ第1話目を彷彿とさせるものとなった。

スタッフ

[監督]キム・マナーズ/トニー・ワームビー/フランク・スポトニッツ/クリス・カーター[企画]クリス・カーター[製作総指揮]クリス・カーター[脚本]クリス・カーター[音楽]マーク・スノウ

関連キーワード

クリス・カーター
(C) 2001-2002 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.